「横柄な態度」とは?意味や読み方など!徹底解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「横柄な態度」とは?意味や概要

「横柄な態度」の意味と概要について紹介します。

意味

「横柄な態度」の意味は以下の2つです。

1つ目は「人を見下したような振る舞いをすること」という意味です。

自分は最も優秀である、偉いと思っているかの様に、人を侮辱する様なことを言う人のことです。

2つ目は「身勝手な振る舞いをすること」という意味です。

自分の思い通りに人を動かそうと思い、強引にものごとを通そうとする人のことです。

具体例

「横柄な態度」を取る人の具体例を紹介します。

1つ目は「権威をひけらかすこと」で、肩書があったり上の立場にいる人に多く見られます。

「自分は〇〇(肩書)だから」と言って人を従わせようとします。

2つ目は「お店で横暴な態度を取ること」で、お客になった時に、店員に対して高圧的な態度を取ります。

「こっちは金を払っているんだから」と偉そうにクレームを付けることもあります。

3つ目は「感謝や謝罪の気持ちがないこと」で、人から何かして貰って当たり前だと思い、お礼を言わなかったり、悪いことをしても謝罪をしません。

「横柄」の語源

「横柄」という言葉の語源は、無遠慮で人を見下す様な「押しの強い人柄」のことを「押柄(おしから)」と言ったことからきています。

「押柄」という言葉を「おうへい」と読む様になり、そこから「横柄」という漢字に変化しました。

「横柄な態度」の読み方

「横柄な態度」「おうへいなたいど」と読みます。

「横柄」「よこがら」と読み間違わない様にしましょう。

「横柄な態度」の類語や言い換え

「横柄な態度」の類語を紹介します。

「居丈高」【いたけだか】

「人に対して威圧的な態度を取る様子」という意味です。

「わがもの顔」

「まるで自分のもの、自分の場所という様に自分勝手にふるまう様子」という意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典