スポンサーリンク

「機材繰り」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「機材繰り」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「機材繰り」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「機材繰り」とは?意味

「機材繰り」は、飛行機の到着や出立が遅れたりすることで飛行機側のやりくりのことを意味します。

つまり、飛行機が遅れる要因が例えば大雪だったとしてもそれはやりくりによって除雪作業が遅れているとみなしやり繰り上仕方がないとするのです。

逆に、仕方がないですまされない部分も実は「機材繰り」と呼ばれ、例えば機長が本来運転すべき飛行機に乗り後れ出立が遅れていることも「機材繰り」と呼ばれ運行上仕方がないことでも一応飛行機側のやり繰りで片付けます。

なお、「機材繰り」は前の飛行機側が何らかの理由で遅れて今飛び立つ便に影響を及ぼすことなので、前に起きた瓶のトラブルについては述べません。

「機材繰り」の概要

「機材繰り」は、要は飛行機側の都合がどうであるかで、どうであるという部分を説明されないと何が起こったのかは知ることはできません。

その為、単に「機材繰り」の為、飛行機の出発が遅れていると言われた場合、飛行機そのものに欠陥があり飛行機を飛ばすことができないのか、機長さん自体が遅刻していてまだ飛べる状態ではないのかなど憶測で物事を考えてしまいがちです。

なお、「機材繰り」は前の飛行機が何らかの原因で贈れているため、今のる飛行機は安全なので言い方を悪く言えば、前の後れている便の遅れた理由は語る必要性がないが故、「機材繰り」という言葉で片付けているに過ぎないということです。

「機材繰り」の言葉の使い方や使われ方

「機材繰り」は前に富んでいる飛行機の便が都合上後れている場合に使用します。

なお後れている理由は、利用者側に伝えられることはありません。

「機材繰り」を使った例文

・『機材繰りの影響により当機は15分遅れてスタートです』
この例は、この飛行機が前の飛行機の遅れの影響で15分間遅れてスタートしているという例です。

なお、後れた理由を知りたいと思うでしょうが、残念ながら機密事項の為何故遅れたかについてはアナウンスすることは会社によって異なります。

つまり、前に飛行した便が雪で贈れているケースなど説明可能な場合きちんと航空会社側がお話しますが、あまりにも機密事項であるケースは遅れた理由を述べないこともあり得ます。

まとめ

「機材繰り」は、要は前に富んでいる飛行機が遅延することで今飛び立とうとする飛行機に影響を及ぼすという物で理由は飛行機側の都合です。

その上で、飛行機側の都合で説明可能なものを説明することが飛行機の会社の責任で責任を果たしている会社では遅れた理由をアナウンスしています。

ですが、これはとても理由として話せないことはおそらく機内アナウンスや空港アナウンスで贈れている理由を話すことは無いのであくまで、後れている理由を話せる場合のみ、「機材繰り」の理由を空港内や飛行機内でお話しするのです。

なお、この問題は、代替え便を使用すれば穴埋めができ一つの飛行機で何往復もする必要がないので簡単に解決できますが、問題は難題もの便を飛ばした場合、メンテナンスコストが跳ね上がるのであまり航空会社はやりたくない手法なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典