スポンサーリンク

「欠航」と「運休」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「欠航」と「運休」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「欠航」「運休」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「欠航」とは?

「欠航」は、船や飛行機が運航をやめることです。

「欠航」が意味する運航をやめる理由は、悪天候や事故です。

濃霧では視界を確保することが難しく、飛行機の離着陸に影響を与えます。

積雪も飛行機の離着陸に影響を与える原因です。

また、雪は視界にも影響を悪くします。

海外では、職員のストライキによる「欠航」もあります。

「航」という漢字には、水や空をわたるという意味があります。

そのため、「欠航」は水や空の便に使われる言葉です。

「運休」とは?

「運休」は、交通機関が運転や運航を休止することです。

交通機関とは、鉄道・航空機・船舶・自動車・道路・橋梁・電信・電話・郵便などを指します。

「運休」する理由は、悪天候や事故です。

鉄道は強風で脱線する恐れがあります。

レールに雪が積もれば、うまく走ることができません。

「欠航」と「運休」の違い

「欠航」は、船や飛行機の運航をやめることです。

「運休」は、交通機関が運転や運航を休止することです。

「欠航」は船や飛行機だけに使われる言葉ですが、「運休」は船や飛行機だけでなく、鉄道にも使われます。

一般的には、船や飛行機の場合は「運休」よりも「欠航」が使用されます。

まとめ

どちらも運転をやめることですが、何の運転をやめるのかが異なる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典