スポンサーリンク

「正確かつ確実」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「正確かつ確実」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「正確かつ確実」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「正確かつ確実」とは?意味

「正確かつ確実」とは、「内容が正しいこと+行為・遂行が確かなこと」を意味している言い回しです。

「正確かつ確実」という表現は、「正しさと確かさに照らして間違いがないことを示す念入りな表現あるいは最上級の表現」として解釈することができます。

つまり、「正確かつ確実」には「絶対に間違いがない」というニュアンスが込められているのです。

「正確かつ確実」は、「正確」「確実」を組み合わせた言葉になっています。

「正確」とは、「内容・情報・文字などが正しくて間違いがないこと、事実や答えと違っていないさま」を示している言葉です。

「確実」という表現には、「確かで間違いがないこと、ある行為を忘れることなく確かに行うさま」といった意味合いがあります。

「正確かつ確実」の概要

「正確かつ確実」という慣習的な言い回しは、「自分自身」に対して用いることもあれば、「他者」に対して用いることもあります。

「自分自身」に向けて使用する際には、「正確かつ確実」「私は絶対に内容・情報・解答について間違っていないこと+私は間違いなくある行為をきちんと確かに行ったこと」を意味することになります。

一方、「他者」に向けて使う場合には、若干異なるニュアンスが生まれてきます。

「他者」に対して「正確かつ確実」という表現を使うときには、「仕事・課題などについて絶対にミスをしないでほしい、正確にやってほしい+絶対にある用事の連絡や行為の遂行を間違いなくやってほしい」というニュアンスが強くなってくるのです。

「正確かつ確実」の言葉の使い方や使われ方

「正確かつ確実」の言葉は、「ある仕事・試験・物事を間違いなく遂行する場合」に使われます。

「正確かつ確実」という言い回しは、「情報・内容・答えなどの内容が正しくて間違っていないこと(=正確)」「ある行為・報告などを確かに間違いなく行うこと、忘れることなく遂行すること(=確実)」を意味して使われることになります。

「正確かつ確実」という表現は、「中身が間違っていない+ある行為を遺漏なく確かにする」の意味合いで使います。

例えば、「正確かつ確実な科学論文のレポートを来週の火曜日までに仕上げることはできますか」などの文章において、この表現を使用することができるのです。

「正確かつ確実」を使った例文(使用例)

・『彼女の書く文章はいつも正確かつ確実なので、添削する必要性がほとんどありませんでした。』

・『当社が求めている人材は、与えられたミッションに対して正確かつ確実な仕事で応えることができる有能な人材なのです。』

・『ミスを絶対しない人間がこの世に存在しない以上、いくら正確かつ確実な作業を求めてもおのずから限界はあります。』

まとめ

「正確かつ確実」という言葉の意味・概要について分かりやすく解説して、使い方・例文を紹介しましたがいかがでしたか。

「正確かつ確実」の表現について詳細にリサーチしたい人は、この記事の内容を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典