スポンサーリンク

「正義」と「正しさ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「正義」と「正しさ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「正義」「正しさ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「正義」とは?

人の道にかなって正しいことを意味する「正義」

人が人として正しい考えをし、そして、行動するといった意味となります。

ただし、「正義」は1つではありません。

「正義」には、個人的な考えや理想などが含まれるため、同じ「正義」であっても、各自異なった「正義」となる場合があります。

また、その「正義」が必ずしも正しいということもありません。

自分にとって正しいと思える「正義」でも、相手にとっては、それが「正義」でも何でもないという場合も起こるのが「正義」なのです。

「正義」と同じような意味を持つ言葉には、「中正」「公正さ」「ジャスティス」「正道」などがあります。

また、対義語は、人として守るべき道から外れるといった意味の「不義」です。

「正義」の使い方

「正義」には、「正義の味方」「正義感」「正義は勝つ」「社会正義」「正義のために」などといった使い方があります。

「正しさ」とは?

道理にかなっている、事実にあっている、正確である、といった意味の「正しさ」

「正しさ」が持つ意味は、道徳や法律、基準などから外れていないこととなります。

そのため、基本、「正しさ」は1つです。

誰が見ても同じように正しいと思えるものが「正しさ」となります。

曖昧な意味で用いられることは少なく、誰が見ても同じと思える際に用いられるのが「正しさ」の特徴です。

「正しさ」と同じような意味を持つ言葉には、「まとも」「正当」「適切」「正確度」「精度」「正方」などがあります。

「正しさ」の使い方

「正しさ」には、「礼儀正しさ」「行いの正しさ」「法律の正しさ」などがあります。

「正義」と「正しさ」の違い

「正義」「正しさ」には、まず、基準に違いがあります。

「正義」の場合、人それぞれに異なった「正義」があり、その基準は人によって異なるものとなります。

その一方、「正しさ」には、基準となるものがあるため、人によって異なることが少なくなります。

その点において大きな違いがある「正義」「正しさ」となります。

「正義」の例文

・『正義感の強い彼は、クラスのいじめを見逃すことはできませんでした。』

・『私は、「正義は必ず勝つ」という言葉が大好きです。』

・『私たちは、最後まで正義のために戦い続けます。』

・『私は、誰の見方でもありません。正義の味方です。』

「正しさ」の例文

・『母は、子供のころから口うるさく礼儀正しさを教えてくれました。』

・『日ごろの行いの正しさは、きっと、誰かが見てくれているはずです。』

・『礼儀正しさのない彼の姿を見て、がっかりしました。』

・『一度、この方法の正しさを確認してください。』

まとめ

同じ正しい行動であっても、基準が定められているか、そうでないか、といった違いがある「正義」「正しさ」

そのことをよく理解し使い分けることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典