「歯磨き」と「歯間ブラシ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「歯磨き」と「歯間ブラシ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「歯磨き」「歯間ブラシ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「歯磨き」とは?

「歯磨き」の意味と概要について紹介します。

「歯磨き」の意味

「歯磨き」「はみがき」と読みます。

意味は、「口腔内を清潔に保つ為に、専用のブラシを使って歯の汚れを落とすこと」です。

「歯磨き」の概要

「歯磨き」は、口の中を清潔に保つ為に、専用のブラシと歯磨き粉を使用して、歯の汚れを取り除くことを言います。

基本的に食事した後や、口臭が気になる時、夜寝る前などにします。

自分で歯ブラシに歯磨き粉を付けて、歯の表や裏、臼歯の上や左右などを磨いていきます。

歯磨きをしっかりすることで、虫歯や歯周病、歯肉炎や口内炎などを予防できます。

最近では自分で細かく上下させる必要がない電動歯ブラシも販売されています。

また、液体歯磨き粉なども販売されていて、より手間がかからない様になっているのです。

「歯間ブラシ」とは?

「歯間ブラシ」の意味と概要について紹介します。

「歯間ブラシ」の意味

「歯間ブラシ」「しかんぶらし」と読みます。

意味は「ワイヤーにナイロン製の毛や、ゴム製の毛を付けたブラシのこと。

歯の間に入れてこすり、汚れを落とす」
になります。

「歯間ブラシ」の概要

「歯間ブラシ」は、ワイヤーにナイロン製やゴム製の毛が付いた小さなブラシのことで、歯と歯の間に差し込んでこすり、汚れを取り除く器具です。

歯と歯の間の隙間が比較的に広い人に向いています。

ブラシ状になっているで、ゴシゴシとこすらなくても自然に汚れが絡め取られる様になっています。

通常の歯ブラシでは届かない様な部分までキレイにできます。

ただし、あまり隙間が狭かったり、歯が重なったりしていると、ブラシが入らないこともあります。

「歯磨き」と「歯間ブラシ」の違い!

「歯磨きは」「専用のブラシを使って手で歯の汚れを落とすこと」です。

「歯間ブラシ」「ワイヤーにナイロン製の毛や、ゴム製の毛を付けたブラシのこと」です。

まとめ

今回は「歯磨き」「歯間ブラシ」の違いをお伝えしました。

「歯磨きは歯全体を磨く」「歯間ブラシは歯間の汚れを取る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典