スポンサーリンク

「歳月が過ぎる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「歳月が過ぎる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「歳月が過ぎる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「歳月が過ぎる」とは?意味

「歳月が過ぎる」は、年月が過ぎるという一年が過ぎ去る事実をあえて、自分の年齢で換算して表現する方法です。

この方法の利点は、一年という月日の流れを自分の年齢という物差しで計算することができるため、共感を呼びやすい手法として使用されます。

例を挙げますと、「恋人と別れて歳月が過ぎる」と記載すれば、これは、何年という時間こそ記載がありませんが、自分が第3者とお付き合いをして恋人関係だった思い出があれば、この表現は自分も当てはまるため、共感を呼ぶのです。

「歳月が過ぎる」の概要

「歳月が過ぎる」は、月日が過ぎるという表現より長い表現だと言われており、その理由は、自分の年齢が1歳年を取るまでの年月がどうであるかを思い描くため、よほど人生が忙しく、一日が48時間であっても足りないという人でない限り「歳月が過ぎる」という表現の方が時間の経過が長いのです。

年月が過ぎる、も一年が長く感じる人がいるので、これは、「歳月が過ぎる」と同じであると考えてよいでしょう。

「歳月が過ぎる」の言葉の使い方や使われ方

「歳月が過ぎる」は、長い時間がたったことを表現するために使用し、かつ、自己の年齢と照らし合わせやすい事情を表現した場合、共感を得る表現としても使用します。

「歳月が過ぎる」を使った例文

・『夫と離婚してから歳月が過ぎる』
この例は、旦那さんと離婚してから月日が流れたことを表現しています。

その上で、歳月という言葉を使用することで、自分に置き換えた際、自分が離婚した際どうであったかを共感を得やすい表現に置き換えています。

「歳月が過ぎる」は、いわば年齢で月日を換算する手法なので、経験したことがある内容であれば、自分の時はどうであったかの共感を得ることが可能です。

・『夫が死別し4年の歳月が過ぎる』
この例は、夫が亡くなってから、4年過ぎたとする例です。

年数を記すことでより詳しい時間の経過を表現しているのがこの例です。

なお、別に時間を記さずとも夫が無くなっているという事実は分かりますが、あえて年数を起債することで共感を得ようとしています。

まとめ

「歳月が過ぎる」については、時間の経過が長いという方向に持っていく表現として使用しており、一年は長いという印象をつける言葉です。

その上で、「歳月」は、自己の年齢で物事を換算しますので視聴者の方に共感を生みやすい言葉になります。

逆に、月日が流れたという表現はあまりにも年月の移り変わりが簡素である場合使用され、漫画などにおいては、詳しい情報を起債せず、とりあえず時間が進んだ場合に使用する表現法でまず、この方法は共感を得ないです。

逆を返せば、「歳月が過ぎる」は、事前に詳しくその結果に至るまでに対する経過がしっかりと描写されているが故成立して、一歳の年齢を取るだけの時間が過ぎたと記すことが可能なので、詳しい経緯が無いと一年が流れたというだけの事実を記す、月日が流れたで十分なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典