スポンサーリンク

「殴れる」と「殴られる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「殴れる」と「殴られる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「殴れる」「殴られる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「殴れる」とは?

「殴れる」とは、誰かを殴ることができること、もしくはその権利を得るための了承に使用する言葉です。

つまり、暴力をふるうことが可能であること、そして暴力行為が認められたとすることになります。

注意すべく点は、「殴れる」とは、権利を得るかえないかを了承し、得られたことになりますので、了承を得ずには成立しません。

了承を得ずに相手を殴ると、単なる殴るという表現となります。

「殴れる」の使い方

「殴れる」は相手に対し、了承を得るために使用する言葉です。

相手に対して了解を得るというのはおかしいと思われるでしょうが、言葉の意味としては了解を得るという認識になります。

「殴られる」とは?

「殴られる」は対象となる人物から暴力行為を受けること、もしくは受ける行為が当然であることです。

つまりは、理由なく、暴力を振るわれること、および理由があり暴力を振るわれることが「殴られる」になります。

「殴られる」の使い方

「殴られる」の使い方は、対象となる人物から暴力を振るわれた場合に成立します。

「殴れる」と「殴られる」の違い

「殴れる」は暴力行為を振るうことを相手に対して了承することにあり、理由を必要とします。

一方、「殴られる」は理由を必要としないので違いを上げるとすれば、暴力をふるう理由を必要とするかしないかです。

「殴れる」の例文

・『一発、殴れるか?』

この例は、対象者に対して一発だけ暴力をふるうことを許可するかどうかを確認しています。

「殴れる」は暴力をふるうことを許可してもらうために使用するのでこの場合、「殴れる」と対象に問うのが正しいです。

無論対象は、断る権利も存在します。

・『殴れるのは当然だ』

この例は、相手に了承を取らずともそうした結果になることは当たり前であるとした例です。

恐らく対象者は、暴力を振るわれることが当たり前の結果であることをしたとされます。

「殴られる」の例文

・『殴られる理由はないぞ』

この例は、暴力行為を何故受けたのかを問う例です。

「殴れれる」は理由がなくとも成立しますので、この場合対象者が暴力をふるう理由は必要ありません。

つまりは、理由があっても別に理由を述べるかどうかは、「殴る」側に全て委ねられており、暴力を振るわれた側は、それ以上効知る余地はないのです。

・『お前は殴られるべきだ』

この例は、対象となる人物が暴力行為を受けるべきであるとした例です。

「殴られる」は暴力を受けることにあるため、この場合、対象者が理由があろうとなかろうと暴力を受けるべきという意味です。

まとめ

「殴れる」「殴られる」の違いですが、許可を求めて暴力をふるうことを許可してもらうかそうではないかです。

ただ、「殴れる」と聞いて対象が暴力を振るわれることを許可するはずもないので、この言葉はあまり成立しない言葉です。

一方「殴られる」は理由もなく暴力を振るわれることも言葉の意味の対象ですので、広い意味で暴力を振るわれるということで使用可能な言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典