スポンサーリンク

「段取りを立てる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「段取りを立てる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、段取りを立てるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

段取りを立てるとは?意味

段取りを立てる【だんどりをたてる】とは、順番を決めてから取り掛かり、進めていくという意味があります。

順番を決めるときはどれを一番先にはじめればその後の作業をうまく進めていけるのか調べて、最後まで順調に終わらせられる手順を考えて実行していくわけです。

計画を立てたらゴールするまでの目標を立てて、作業工程を順序良く決めて、手順を分かりやすく掲示してから作業を順調よく進めるために準備することもうまく段取りを立てるためには重要なのです。

段取りを立てるの概要

物事に取り掛かる前には、全体的な工程を調べて、まずは1番初めに行うべきことを選び、そこから次にやるためにどれを持ってきて進めればより時間の効率化を図り、人への負担を極力少なくしながらゴールを目指せるわけです。

職場なら何をするかまずは決めておき、かかる費用や時間などの予定を立てて、どのような方法で仕事をすすめていくか具体的な案を出して決断します。

そして、その工程のここはスキルがあるこの社員に任せる、次の工程はより複雑なので知識が豊富で経験数の多い中年社員に請け負ってもらうと細かく振り分け、立てた日程へと落とし込むことが段取りを立てることの重要な焦点になるのです。

段取りを立てるの言葉の使い方や使われ方

人が物事に取り掛かるときは、どのようなことをするか具体的に決めてからそのスケジュールを立てて、各作業にかかる時間とやるべきこと、進め方などを細かく決めていくときに「段取りを立てて取り組む」と言い表します。

主にこの言葉は職場で使われており、仕事する前に大まかなスケジュールを立てておき、社員同士がその目標に向かって一丸となり、それぞれ与えられた日程や肯定をこなしていってからすべて終わらせたうえで提出し、一つにまとめるときに使う言葉です。

また、学校では学生同士が学芸会するためにどのような催しを披露するか決めてから誰がどの役をやるのかを決めていくときの段取りを立てて決めるなど、複数人が同じ目標を成し遂げます。

個人で使うときは「大学の入学試験に向けて段取りを立てて計画的に勉強する」「会社の面接のために段取りを立てて支度する」など、うまくやらなければならないときに使います。

段取りを立てるの例文

・リーダーは社員が前向きに仕事に取り掛かれるよう明確なビジョンを立てる。

・失敗や問題など過去の経験を参考にして、段取りを立てることが問題なく進められるコツだ。

・より効率化を図るにはより専門的な分野に詳しい企業に外注する方法も取り入れよう。

職場で仕事に取り掛かる前には知識があり、経験数も多い人をリーダーにすればより仕事に取り掛かる前にうまく段取りを立てられ、社員への指示もよりスムーズにするために重要なです。

未来のことばかりではなく、過去に目を向けて、どのような工程で失敗し、作業が止まってしまったのか、どの問題で社員が難しいと感じるのか記録を調べてから段取りを立てることも大事です。

また、効率化を図るには出来ずにストップしてしまう仕事をいつまでも抱え込まないように外注して、すぐに問題を乗り越えることも大切です。

まとめ

中途半端に仕事を終わらせないためにも段取りを立ててから仕事をすすめていくことはとても大切なことであり、職場で働く社員も順調に仕事をこなしていくためには必要なことです。

そのためには、責任者が先に与えられた仕事内容をよく調べて、そこからどの肯定を誰に振り分ければ日程通りに仕事を進められるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典