「毒を吐く」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「毒を吐く」

普段の生活の中で会話は日常的に行われます。

楽し話・うれしい話とポジティブな気持ちになる会話も多くかわされます。

しかし時には人の悪口や嫌味を言うようにネガティブな気持ちになることを多く言う人も言います。

よく毒舌と言われますが、毒舌に語ることを「毒を吐く」と表現されます。

最近ではあえて「毒を吐く」ようにすることで自分をアピールする人もいます。

しかし使い方を間違えると嫌われる・悪口ばかり言う人と認識されかねないため注意が必要です。

「毒を吐く」の意味

「毒を吐く」という言葉の意味として、基本的には悪口やきついことを言うという意味を持ちます。

そしてそれをいう対象は自分以外の人や物に対してがほとんどです。

もともと「毒を吐く」という言葉は毒を吐くことで周りに対して悪い影響を及ぼしていくということを指します。

人間の場合、吐くものは言葉のため、言葉という毒をたくさんいう事で周りに迷惑をかける・悪影響を及ぼすという意味で用いられています。

また程度としては「毒」と表現されるため、相当なひどいことを言う人を表しています。

「毒を吐く」の言葉の使い方

「毒を吐く」という言葉は毒を吐いている人に対して使われます。

それは当事者が自分に対して使うこともあれば、他者を表現する時にも使われます。

自分に対して使う場合、普段から厳しいことを言っていることが、それを自虐的な意味で使っています。

そして他者に対しては「あの人はいつも毒を吐く」とマイナスイメージを持ちつつ使います。

そして批判的な意味合いで使われます。

しかし時には相手や周囲を思って「毒を吐く」という人もいるため、その時は「あえて・愛情ゆえに」と補足が付きます。

しかしどんな意味でも言われた相手は良い印象を覚えることは稀です。

そのため他者に対して使うときは聞かれないよに気を付けなくてはいけません。

「毒を吐く」を使った例文・短文(解釈)

毒を吐くという言葉について、意味よりも言葉のインパクトが強いため使い方を間違えると人間関係にも影響を及ぼしかねません。

また相手にマイナスイメージを与える可能性もあるため、注意が必要な言葉です。

そんな「毒を吐く」という言葉ですが、どのような使い方になるのか、その例文と解釈を紹介します。

例文1

「私の話に対して『あの人は口を開けば文句や不満ばっかりでいつも毒を吐くよね。 いい加減こっちも我慢の限界だよ』と共感してくれた」

この場合、毒を吐いている人に聞かれないように不満やストレスなどを愚痴にしています。

相手も同じことを思っているため、共通の認識として「毒を吐く」人に悪い印象を持っています。

例文2

「あの人はよく毒を吐くけど、それはみんなに気をつけてほしいことがあるからなんだよ。

言いたくて言っているわけではないよ」


この場合、「あの人」とされる人は色んな人に「毒を吐く人」と認識されています。

しかしそれは必要だからあえて毒を吐いていると説明して庇っている状況です。

この場合は結果的に悪いイメージを持たれましたが、その本質は「言いたくないけど仕方なく言っている」というものになります。

例文3

「芸能人に対して『あの人はいつも毒を吐くよね。 でも何でも赤裸々に話してくれるところが好きなんだ』」

この場合、毒を吐く人は芸能人というプライベートでは関わりのない相手となります。

メディアを通じて見せる姿に対して、「毒は吐くがそんなところが好き」と好意的に思っています。

例文4

「毒を吐く人はいつもイライラしたり、ストレスがあるからそれをぶつけているんだと思う」

この場合、特定の相手ではなく「毒を吐く人」に対して持っているイメージを話しています。

毒を吐くのはストレス発散と認識しています。