「気が弱い人」と「心が折れやすい人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気が弱い人」と「心が折れやすい人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「気が弱い人」「心が折れやすい人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気が弱い人」とは?

「気が弱い人」の意味と使い方について紹介します。

「気が弱い人」の意味

「気が弱い人」「きがよわいひと」と読みます。

意味は「自分に自信が持てずに、他人に遠慮したり、人の目を気にして思い通りに行動できない人」です。

「気が弱い人」の使い方

「気が弱い人」は、自分に自信がなく、やりたいことがあっても他人に遠慮したり、人がどう思うかが気になってしまい、思い通りに行動できない人のことを言います。

自分では「こうしたい」「これはしたくない」という意見を持っていても、それを言うことで人から否定されたり嫌われたりするのが恐くて意思表示ができず、周囲に合わせて行動する羽目になってしまうのです。

自分の意見を主張して目立つことと、人から反対意見を言われるのが恐くて、なるべく波風を立てない様にする為には自分が我慢すればいいと思っているのです。

「心が折れやすい人」とは?

「心が折れやすい人」の意味と使い方について紹介します。

「心が折れやすい人」の意味

「心が折れやすい人」「こころがおれやすいひと」と読みます。

意味は「ちょっとした障害にぶつかると、くじけてやる気がなくなってしまう人」です。

「心が折れやすい人」の使い方

「心が折れやすい人」は、ちょっとした問題や障害にぶつかると、気持ちがくじけてしまい、やる気がなくなってしまう人のことを言います。

それまで頑張ろうと思っていた気持ちが、あるきっかけや瞬間で「もうダメだ」と萎えてしまう時の表現です。

「心が折れる」は、本来「自分の意思を相手側に曲げること」、つまり「譲歩する」という意味で使われていました。

ある有名な女子プロレスラーが1990年頃に「相手の心を折ってやりたかった」と発言してから現在の意味で使われる様になりました。

「気が弱い人」と「心が折れやすい人」の違い!

「気が弱い人」「自分に自信が持てずに、他人に遠慮したり、人の目を気にして思い通りに行動できない人」です。

「心が折れやすい人」「ちょっとした障害にぶつかると、くじけてやる気がなくなってしまう人」です。

まとめ

今回は「気が弱い人」「心が折れやすい人」の違いをお伝えしました。

「気が弱い人は意思表示や行動ができない」「心が折れやすい人はくじけ易い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典