スポンサーリンク

「気分が悪い」と「機嫌が悪い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気分が悪い」と「機嫌が悪い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「気分が悪い」「機嫌が悪い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気分が悪い」とは?

「気分が悪い」「きぶんがわるい」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「ある状況によりもたらされる、その時の心の持ちよう」という意味で「噂を流されて気分が悪い」などと言います。

2つ目は「身体的な状態により感じる症状のこと」という意味で「車に酔って気分が悪い」などと言います。

上記に共通するのは「人が心や体に感じる不快な状態」という点です。

「機嫌が悪い」とは?

「機嫌が悪い」「きげんがわるい」と読みます。

意味は「人が心に不快だと感じているものが、表情や態度に表れる様子」という意味です。

あることをきっかけにものごとが楽しめなくなってしまったり、晴れやかだったのが嫌な気持ちになり、表情や言動に表れることを言います。

誰かに対する怒りや不満が抑え切れない状態で、周囲の人から見ても不快であることが分かります。

「気分が悪い」と「機嫌が悪い」の違い!

「気分が悪い」「人が心や体に感じる不快な状態」です。

「機嫌が悪い」「人が心に不快だと感じているものが、表情や態度に表れる様子」です。

まとめ

今回は「気分が悪い」「機嫌が悪い」の違いをお伝えしました。

「気分が悪いは不快な気持ちになること」「機嫌が悪いは不快な気持ちが見て取れること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典