スポンサーリンク

「気恥ずかしい」と「恥ずかしい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気恥ずかしい」と「恥ずかしい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「気恥ずかしい」「恥ずかしい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気恥ずかしい」とは?

「気恥ずかしい」は、なんとなく恥ずかしいと思うさま、自分が褒められ困惑する様子を表します。

「気恥ずかしい」の場合は、明確な理由がなく曖昧で、少しだけ恥ずかしい場合や照れくさい様子を表す際にも用いられます。

少し、遠慮がちな意味合いが強くなります。

「気恥ずかしい」の類語には、「小っ恥ずかしい」をはじめ、「うら恥ずかしい」「面映ゆい」などがあります。

「気恥ずかしい」の使い方

「気恥ずかしい」の使い方としては、「気恥ずかしい思い」「気恥ずかしい気持ち」「気恥ずかしい感じ」「気恥ずかしいもの」などとなります。

「恥ずかしい」とは?

「恥ずかしい」は、照れくさい、みっともない、気が引けるといった意味があります。

ミスをして、自分の至らなさが知られてしまった場合や気持ちが高ぶり、どうすればいいのかわからない状態、自分よりも相手のほうが優れている場合も「恥ずかしい」と使用することがあります。

「恥ずかしい」の類語には、「不名誉」「後ろめたい」「心やましい」「顔向けできない」「不甲斐ない」「きまりが悪い」「居た堪れない」「ばつが悪い」などがあります。

「恥ずかしい」の使い方

「恥ずかしい」の使い方としては、「恥ずかしい気持ち」「恥ずかしいミス」「恥ずかしい思い」などとなります。

「気恥ずかしい」と「恥ずかしい」の違い

ほぼ同じ意味を持つ、「気恥ずかしい」「恥ずかしい」

どちらかといえば、「気恥ずかしい」のほうが少し恥ずかしいといった意味が強いものとなります。

より恥ずかしいのは、「気恥ずかしい」よりも「恥ずかしい」となります。

例えば、非常に恥ずかしい様子の時には、「気恥ずかしい」を用いることはありません。

「気恥ずかしい」の例文

「自分が掲載された雑誌を家族と一緒に見るのは、気恥ずかしいものです」

「子供の私たちが見ているのが気恥ずかしいほど夫婦仲が良い」

「みんなの前で褒められて気恥ずかしい気持ちでいっぱいだが、やはり、褒められることは嬉しいことです」

「恥ずかしい」の例文

「簡単なテストでこんな点数を取るなんて、恥ずかしい気持ちでいっぱいです」

「字が下手で恥ずかしくて手紙一つ書くことができない」

「昔の写真を彼女に見られるのは、とても恥ずかしい気持ちでいっぱいです」

まとめ

「気恥ずかしい」「恥ずかしい」には、以上のような違いがあります。

「気恥ずかしい」のほうが、少し、また、照れくさい様子が見え隠れし、使う場面への使い分けが必要です。

間違っても、誰から見ても非常に恥ずかしい場面で「気恥ずかしい」を用いてはいけません。

「気恥ずかしい」には、少し遠慮した気持ちも込められていることを忘れず、使い分けることが大切となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典