スポンサーリンク

「気持ちを推し量る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気持ちを推し量る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手の気持ちを汲み取ったり、相手の立場になって考えたりする時に使う言葉として、「気持ちを推し量る」があります。

この記事では、「気持ちを推し量る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気持ちを推し量る」とは?意味

「気持ちを推し量る」とは、相手の今の状況から判断をして、「こういう気持ちでいるのではないか」と、推測をすることです。

「自分が相手の立場だったら、こう思うかもしれない」や、「彼(彼女)のことだから、きっとこう感じているだろう」と相手の気持ちを察する時に使います。

「気持ちを推し量る」の概要

「気持ちを推し量る」「気持ちを推し測る」とも言います。

「推量」は、相手の気持ちなどを察すると言う意味です。

また、「推測」の方は、分かっている事柄から、こうではないかと想像することです。

なので、これらは相手の気持ちを「推量」または、「推測」することを表しています。

「今の状況の場合、相手はこういうふうに思っている、感じているだろう」と相手の気持ちを察するという意味合いになります。

「気持ちを推し量る」の言葉の使い方や使われ方

「気持ちを推し量る」を使った例としていくつか挙げてみます。

「まずは相手の気持ちを推し量った上で、どう伝えたらよいのかを判断するようにしています」「私はいつも相手の気持ちを推し量り、いろいろと考えてしまい、なかなか自分の意見を素直に伝えることができません」「彼の気持ちを推し量ると、いたたまれない気持ちになります」 いずれも、相手の気持ちを考え、「こうなのではないか」と想像している様子が分かります。

「気持ちを推し量る」の類語や言いかえ

「気持ちを推し量る」と同じような意味合いで使われる言葉は他にもあります。

「気遣いをする」「気を配る」「気をまわす」「忖度」、あるいは「気持ちを汲み取る」などがあります。

まとめ

相手の気持ちを察し、気配りのある行動を取ることは、物事を円滑に進めていくためにも必要なことです。

しかし、相手のことばかりを優先し、自分の気持ちを抑え込んでしまうようでは、あまり良くない結果となってしまうでしょう。

何かの問題が起こった時は、できるだけウィンウィンの関係でいられるような解決策を取ることが必要です。

場合によっては相手のことを思ってやったことでも、結果的にありがた迷惑になってしまったり、裏目にでてしまうこともあります。

相手の「気持ちを推し量る」行動をとる時は、自己犠牲心が強すぎると、かえって良くない結果になってしまうかもしれません。

相手が負担に思うような言動は避けるようにしたいものです。

さりげない心遣いであれば、相手もそれほど負担に思わずに、素直に受け入れやすくなるでしょう。

相手の気持ちを理解することは難しいことですが、どうしたらよいか分からない時は、そっと見守るというのも一つの方法です。

自分がさまざまな経験を積んだり、いろいろな話を聞くことで、より「気持ちを推し量る」ことができるようになるのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典