スポンサーリンク

「気晴らし」と「気分転換」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「気晴らし」と「気分転換」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日家事や仕事や育児等に追われていると、良い「気晴らし」の仕方が大事になってきます。

ところで、この「気晴らし」という言葉ですが、似た意味に「気分転換」があります。

この記事では、「気晴らし」「気分転換」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「気晴らし」とは?

それではまず、「気晴らし」の意味と、類語について見ていきましょう。

「気晴らし」の意味

「気晴らし」は、嫌な事や大変な事から一旦離れ、気持ちが明るくなるように自分を仕向けることです。

ストレスのかかる事柄を忘れ、心が楽しくなるようにする事です。

「気晴らし」の類語「憂さ晴らし」【うさばらし】

「気晴らし」の言い換えには、「憂さ晴らし」があります。

どちらも、嫌な事を一時的に忘れて、心を明るく晴らす意味で似ています。

「気分転換」とは?

次に、「気分転換」の意味と、似た意味を持つ言葉を紹介します。

「気分転換」の意味

「気分転換」とは、新たな気持ちに気分を入れ替える事です。

「気分転換」の類語「リフレッシュする」

気分転換と似た言葉の一つに、「リフレッシュする」があります。

気分を一新して、新しい気持ちにするので、一息入れたい時ににおすすめの行動です。

ちょっと疲れたら、リフレッシュして、成果を出したいものです。

「気晴らし」と「気分転換」の違い

この2つの言葉は似ていますが、微妙にニュアンスの違いがあります。

これらの言葉を使う時は、少しの意味の違いに注意して、使い分けるようにしましょう。

「気晴らし」と「気分転換」の類似点

まず、似ている点ですが、どちらも、元はあまりいい気分ではなかったが、それを明るい気分に変えていくという点では似ています。

「気晴らし」と「気分転換」の相違点

「気晴らし」「気分転換」似ている2つの言葉ですが、違いはそれをする時の積極性にあります。

「気晴らし」は、嫌な事を一時的に忘れられますが、ただの逃避の面もあります。

逃避が終われば、また自分が嫌だと思っている事に立ち向かわなければなりません。

ですが、「気分転換」であれば、好意的な気持ちに入れ替える事ができているので、明るい気持ちのまま、次へ進むことができます。

気分を入れ替えて、大変な事にも立ち向かえる心構えでいたいものです。

「気晴らし」の例文

・『残業続きの気晴らしに、飲みにでも行きませんか』

残業続きでストレスが溜まっているのを気遣い、発散できる場の提示をしてくれている、職場の同僚の発言です。

・『友人と言い合いになり落ち込んでいる妹への気晴らしに、新しいゲームで一緒に遊んだ』

落ち込む妹を気遣い、心が晴れるように、辛い事を楽しさで紛らわせようとする優しいお兄さんお姉さんの言葉です。

「気分転換」の例文

・『気分転換になればと、私はインドアの友達をレジャーに誘った』

いつも室内で遊ぶのが快適だと言っている友達に、外で遊ぶ楽しさを教えようとしている人の発言です。

・『朝からずっとその事が頭から離れなかったので、気分転換に街へ出かけた』

同じ事でモヤモヤしていたため、気持ちを楽しく変えようと、賑わう街へ出かけようとした人の言葉です。

まとめ

「気晴らし」「気分転換」、どちらも字面が似ていて、意味も近いものがありますが、よく意味を調べてみるとニュアンスの違いがあるのが分かります。

意味の微妙な違いに注意して、正しい状況で言葉を使えるようになりたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典