「気遣いがない」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「気遣いがない」について

「きづかいがない」と読む「気遣いがない」とは「心遣いがない」という意味で使われている言葉です。

「気遣いがない」の意味とは

「気遣いがない」という言葉には、「あれこれと気を遣う(つかう)ことをしない」という意味を持つ言葉です。

周りの人のことを省みず、迷惑をかけるような人のことを指して言う場合があります。

この手のタイプは、「その場の空気を読まない人」「自己中心的な人」が多いように思えます。

「気遣いがない」の言葉の使い方

「気遣いがない」という言葉は、周りの人に迷惑をかけている人や、心配りが全くなく冷たい接し方をしたり、常識外れのようなことをする人に対して使うことがあります。

「気遣いがない」を使った例文

では、「気遣いがない」を使った例文の意味や解釈を説明します。

「気遣いがない」の例文1

「僕の同僚は困った人を見ても、『大丈夫ですか?』といった言葉をかける気遣いがない」

人とすれ違った時に困っている人の姿を目にしても、声をかけるどころか、まったく無視して通り過ぎる人が、時々いますが、このような人があなたの身近な所にもいないでしょうか?こんな時こそ、優しく声をかけてあげる優しさを持ちたいものです。

職場で人が忙しいのであれば、気にかけてヘルプしてあげたりするのが普通ですが、そんなことが分かっていながら、先に会社を上がったり、平気で他の仕事を押し付けてくる上司がいます。

自分が同じようにされて気分を害するようなことは、やはり他人でも同じ気持ちになるはず。

そんなことから、目の前で悩んでいる人がいても、「気遣いがない」人は何も感じないのです。

「気遣いがない」の例文2

「今回のイベントでは、参加してくれた人達に色々な趣向を凝らして楽しんでもらえるような気遣いがなかった」

イベントにも色々なものがありますが、せっかく開催するのであれば、参加者に楽しんでもらえる気遣いが欲しいですね。

そうしないのせっかく開催したイベントの意味がありません。

できることなら、ゆっくりと楽しみたいイベントなのですから、スタッフの気遣いが欲しい所です。

そうしないとイベントを主催しても意味がありません。

「気遣いがない」の例文3

「私にそんな気遣いがなくても、いいですよ。もっと楽にしてくつろいでください」

この例文のように「気遣いがない」という表現を否定的な意味で活用するのではなく、「気を遣わすに気楽にしてください」という意味で使われることもあります。

せっかくゆったりした雰囲気の場所で楽しめるのに、変に「気を遣うこと」で、逆に堅苦しい空気に包まれてしまうことが少なくありません。

「気遣いがない」の英語と解釈

「気遣いがない」を英語で表現すると、“no consideration for others”という言葉で訳すことができます。

「気遣いがない」の類語や類義表現

「気遣いがない」という言葉には、どのような類義語があるでしょうか?ここでいくつか挙げてみることにしました。

「デリカシーに欠けた」

「デリカシーに欠けた」という表現が類義語の1つとして挙げることができます。

「まったく相手に対する気遣いがなく厚かましい」といったような意味で使われます。

「デリカシー」とは、「繊細さ」「優美さ」という意味があるのですが、人の気持ちを全く察することなく、自分のペースだけで物事を進める人がいます。

このような人が近くにいるだけで、気持ちが暗くなってきそうです。

「配慮の無い」

「配慮がない」「気遣いがない」と似ている言葉です。

「配慮」とは「物事を良くするために、色々と心配りをすること」という意味で、「配慮がない」というと、そのようなことがないこと言っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典