スポンサーリンク

「水平展開」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「水平展開」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

残念ながら現在でも戦争や紛争というものは発生していますが、我々の住む日本は幸いなことにあまり現実味のない言葉になっています。

しかし、戦争の代わりにビジネスという戦いは日々繰り広げられており、戦略や経営手法、マーケティングなどは複雑になっています。

ビジネスはいいものを売ればいいという単純なものではなく、戦略が必要です。

『マネジメント』の著者ドラッガーや『マーケティング』というものを体系的に発表したコトラーなど様々な国の様々な人々が再現性のある『科学』としてその戦略や手法を紹介しています。

そんな中でも『水平展開』という言葉を聞いたことはありませんでしょうか。

今回はビジネスでよく使われるこの表現について焦点を当てていきたい行きたいと思います。

この記事では、「水平展開」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「水平展開」とは?の意味

この言葉の意味は『知識や経験、ノウハウや成功例、失敗例などを他の分野や他の領域に展開してビジネスの発展を目指すこと』という意味を表しています。

『水平展開』の反対の言葉も当然存在しており、『垂直展開』があります。

この意味は『現在取り組んでいるビジネスをさらに深めることで発展することを目指す』ことです。

「水平展開」の概要

組織やビジネスの運用手法というのは資源的にも組織的にもどうしても垂直的にみる傾向が強いものです。

理由は様々挙げられますが、人間の視野やマインドというのは想像したよりも狭いということではないでしょうか。

水平展開はこの概念を打破する為に生まれた手法であり、実は『マーケティング』の著者、コトラーも『ラテラルマーケティング』という水平展開のマーケティング手法を世に紹介しています。

水平展開のメリットは今まで気が付かなかったビジネスチャンスや競合との過当競争を避けることができたり、知識や成功、失敗体験を他部署などに展開することで情報の共有化や新しい組織の在り方を作り出すことができます。

しかしながら当然デメリットも存在しており、水平展開はチャレンジの度合いが強く難易度が高い為、失敗するケースもあるという部分があります。

また、情報の共有は煩雑である部署にとっては情報そのものが玉石混合であるという難点もあります。

よく、縦割りの組織をやめて、横ぐしを刺そうと様々な経営者やリーダーが叫んでいますが、言うは易く行うは難しなのがこの『水平展開』なのです。

「水平展開」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は上記でご説明した通りのビジネス戦略としての考え方が強い表現です。

現状を打破する為に『水平展開をして新しい市場を創出しよう』などの様な使われ方が一般的ではないでしょうか。

「水平展開」を使った例文

・『A社は既存の技術を水平展開することで全く新しい医療という市場で大成功を収めた。』

・『営業部同士でも顧客戦略は水平展開が不十分な為、今後の改善が求められる。』

・『今回、欧州市場における成功例を米国に水平展開したことで売上が5年前より3倍になった。』

まとめ

如何でしたでしょうか。

概念としてはとても理解ができ、合理的ではあるものの、実際は実行するだけではなく、成功させることもハードルが高いのが『水平展開』でした。

新しいビジネス手法とは組織が大きければ大きいほど比例して難易度が増すものです。

まずは自分の手の届く範囲から小さな『水平展開』をすることで、その輪を広げることができるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典