スポンサーリンク

「永劫」と「永遠」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「永劫」と「永遠」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「永劫」「永遠」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「永劫」とは?

ここまでという決まりのない長い年月のことです。

「永」には、ながい、限りなくという意味があり、「劫」には、極めて長い時間という意味があります。

このことからも「永劫」とは長い時間という意味であることがわかります。

「永劫」が指す長い時間とは、限りがない時間のことです。

1時間あるいは1日などを長く感じることがあるでしょう。

こういった時間のことを指しているのではなく、時間的な終わりのない年月のことを指しています。

限りがないので、何時間のこと、何日のことなどを指しているのではありません。

「永劫」の使い方

限りのない長い年月という意味で使用をします。

「未来永劫」という形で使用されることが多いです。

未来とは、時間的にこれから先のことです。

「過去永劫」という使い方はせず、「永劫」は時間的に先の長い年月を指して使われます。

「永遠」とは?

時間を超えていつまでも存在すること、ある状態がいつまでも続くことです。

「遠」という漢字には、距離や時間が隔たっているという意味があります。

このことからも、「永遠」とは時間が隔たっている、長い時間という意味であることがわかります。

「永遠のスター」といった使われ方がします。

この場合は、スターという状態が時間を超えていつまでも続くということを表しています。

ある人物が特定の時代だけにスターであることではなく、その人物が生きていた時代も、亡くなってからも、いつまでもスターであることを指しています。

「永遠」の使い方

いつまでも続くという意味で使用をします。

ある状態が続くことや、存在し続けることをいいます。

「永劫」と「永遠」の違い

どちらの言葉にも、ながい、限りなくという意味を持つ漢字である「永」が使用されている通り、ながい、限りなくという意味が含まれています。

しかし、やや意味合いが異なります。

「永劫」は時間的なことを指しています。

いつまでも終わりなく続く年月のことです。

「永遠」は状態や存在を指しています。

いつまでもある状態が続くこと、存在し続けることです。

また、「永劫」「未来永劫」の形で使われることが多いですが、これを「永遠」で置き換えることはしません。

「永劫」の例文

・『未来永劫変わることはないでしょう』

・『永劫性を損なわせることはない』

・『未来永劫、子孫に語り続けられることでしょう』

・『永劫会えるはずがない』

「永遠」の例文

・『永遠になくならないと思います』

・『永遠にこの世に残り続ける物質』

・『永遠のアイドル』

・『永遠に忘れられることはないだろう』

まとめ

2つの言葉には、限りなくという意味を持つ漢字の「永」が使用されており、似たような意味を持っていますが、「永劫」は長い年月のこと、「永遠」は状態が続くことを指しており、それぞれの言葉の意味は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典