スポンサーリンク

「油断大敵」と「油断禁物」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「油断大敵」と「油断禁物」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

さまざまな場面で、「油断大敵」「油断禁物」と言う言葉を使ったり、痛感することがあるかと思います。

この2つの言葉は似ているようですが、違う意味を持っています。

この記事では、「油断大敵」「油断禁物」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「油断大敵」とは?

「油断大敵」とは、油断することは失敗の元で、大きな敵のようなものだと言う意味を持っています。

例としては「慢心は油断大敵」「慣れこそ油断大敵」などと使います。

気の緩みが思わぬ事態になってしまうことがあります。

日頃から油断することは、恐ろしい敵を呼び寄せることになってしまうことを肝に銘じて行動していきたいものです。

「油断禁物」とは?

「油断禁物」とは、油断してはいけない、常時注意を払っておかなければいけない、という意味です。

例としては「最後まで気を抜かずに、油断禁物です」「油断禁物は命取りになる」などと使われています。

「油断禁物」「油断は禁物」と言われることもあります。

どちらも同じ意味ですが、「油断は禁物」の方が四字熟語ではない分、硬い印象が薄れるかもしれません。

「油断大敵」と「油断禁物」の違い

「油断大敵」は油断することを敵とみなしているのに対し、「油断禁物」は油断をしないように戒めているような意味になっています。

「油断大敵」「油断禁物」のどちらも共通することは、つい「油断」してしまうような些細なことに対しても、細心の注意を払い、大丈夫だと思いこんだり、気を緩めないことが大事だと伝えています。

案外、見た目は易しそうで簡単そうなことほど、実際にやってみると難しいことがあります。

見た目の判断だけでは分からないことも多いものです。

どんなことでも「油断」をせずに、真摯に取り組んでいく姿勢が大切です。

まとめ

「油断」の語源は諸説ある用語ですが、その一つが仏教用語から来ているようです。

他にも、「ゆったり」「のんびり」などの意味から来ているという説もあります。

「油断大敵」「油断禁物」のどちらも失敗を未然に防ぐために必要な言葉です。

どんなことでもそうですが、初めは分からないことが多く、慎重に行いますが、慣れてくると、そこに慢心や惰性が生まれてしまいます。

そのため、つい油断をしてしまいがちになります。

最初は小さなミスでも、それが積み重なると、大事故に発展してしまうことがあります。

どんな時でも気を抜かずに行っていくことが重要です。

「失敗は成功の母」と言いますが、何度も同じ失敗をすることはやはり良くないことです。

その原因が油断からきているならば、なおのことです。

どんなに慣れたことでも、一見、簡単そうに見えることでも、難しいことだと思って取り組んでいくようにしたいものです。

常に注意を払い、「油断大敵」「油断禁物」の言葉を頭の隅に置いて行動していけば、ミスを減らすことができるでしょう。

「大敵」「禁物」もかなり強い意味を持っています。

それだけ「油断」することは良くないということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典