「沽券にかかわる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「沽券にかかわる」とは?

「沽券にかかわる」という慣用句の表現は、「その人の体面・評判・品位に差し障りがあること」「プライド・矜持・自負心が傷つけられるさま」を意味しています。

「沽券にかかわる」「沽券(こけん)」とは元々、「土地・建物などの売り渡し証文」「売券(うりけん)・沽却状(こきゃくじょう)」を意味していて、江戸時代には「土地・建物などの売値」を意味するようになりました。

時代が下るにつれ、「沽券」の新しい意味として「体面・プライド・品位・人としての値打ち」などの意味が生まれたのです。

「沽券にかかわる」の読み方

「沽券にかかわる」の読み方は、「こけんにかかわる」になります。

「沽券にかかわる」の表現の使い方

「沽券にかかわる」の表現の使い方は、「何らかの問題(トラブル)が起こって、体面・評判・品位に差し障りがあると感じた場合」「自分のプライドが傷つけられるような事態が起こった時」などに使うという使い方になります。

例えば、「自分の大工仕事がお客様に納得してもらえないというのは、プロの大工として沽券にかかわる問題です」といった文章で使用することができます。

「沽券にかかわる」を使った例文と意味を解釈

「沽券にかかわる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「沽券にかかわる」を使った例文1

「子供の無礼や非行は、その子を育ててきた親の沽券にかかわる問題です」

この「沽券にかかわる」を使った例文は、「子供の無礼・非行は、親の品位・体面に差し障りが生じる」という意味で、「沽券にかかわる」の表現を使っています。

「沽券にかかわる」を使った例文2

「お客様に美味しかったと言ってもらえるかどうかは、プロの料理人の沽券にかかわります」

この「沽券にかかわる」を使った例文は、「沽券にかかわる」の表現を、「プロの料理人のプライドが傷つくことに関係する」といった意味合いで使用しています。

「沽券にかかわる」の類語や類義語

「沽券にかかわる」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

「プライドが傷つく」【プライドがきずつく】

「沽券にかかわる」という表現は、「プライドや自負心が傷つくこと」を意味しています。

この意味合いから、「沽券にかかわる」とほぼ等しい意味合いを持つ類語(シソーラス)として、「プライドが傷つく」を指摘できます。

「立つ瀬がない・示しが付かない」【たつせがない・しめしがつかない】

「立つ瀬がない」という表現は、「立場を失って苦境に陥ること」「面目を失って居心地の悪い思いをすること」を意味しています。

「示しが付かない」というのは、「自分の立場・身分にふさわしい結果が出せず面目が立たないこと、説得力がないこと」を意味しています。

それらの意味から、「沽券にかかわる」に近しい類義語として、「立つ瀬がない・示しが付かない」を上げられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典