スポンサーリンク

「注力」と「尽力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「注力」と「尽力」の違い「注力」と「尽力」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「注力」「尽力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「注力」とは?

「注力」とは、何か物事に対して力を入れること、物事に対して力を入れ集中することという意味になります。

「注力」の注ぐという漢字です。

このことからもわかるように、何か物事に力を注ぐ、それが「注力」ということになります。

「尽力」とは?

「尽力」とは、何か目的のために力を尽くすことという意味になります。

力を尽くすと書いて「尽力」

尽はすべてを出し切るという意味を持つ漢字となり、そのことから考え尽力を使うとどの場面に使用すれば良いのかわかりやすくなります。

「注力」と「尽力」の違い

「注力」の場合、何かに対し力を入れて行うこととなりますが、この力の入れ具合は人によって異なります。

そのため、「注力」の場合、「精一杯注力し」と精一杯が付け加えられ用いられることが多くなります。

もちろん、そのままでも使用され、「学生時代は部活動に注力した」といった使い方も行います。

一方、「尽力」の場合、全ての力を注ぎきるといった意味が既に存在します。

そのため、「ご尽力頂き誠にありがとうございます」などに用いられ感謝の意を表す際に多く用いられます。

まとめ

以上が、「注力」「尽力」の違いです。

「注力」は、日常的な会話でも利用される言葉で、「尽力」は主にビジネス用語だと覚えておくと使い分けも簡単でわかりやすくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典