スポンサーリンク

「注意」と「警告」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「注意」と「警告」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「注意」「警告」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「注意」とは?

「注意」は、受けた対象者の身に及ぶ危険度合いがけがを負う可能性があるものを「注意」と言います。

ただし、「注意」を受ける内容によりどのようなことに巻き込まれるかを記載していることが多いため、内容によっては軽傷な怪我の可能性もあれば腕の骨を折るなどの重傷となる場合もあります。

「注意」の使い方

「注意」はしないとどうなるかを説明するために用います。

例えば、「○○に注意」とした場合○○がクマなどの動物である場合クマに気を付けなければいけないことを示します。

この時に説明書等に、しないとどうなるかをきちんと明記してあるものを「注意文」と呼びます。

「警告」とは?

「警告」「注意」をより強く告知している文章で、しなければそうなっても仕方がないことを通達しています。

例えば、落石という「警告」がある場合落石があることを知ったうえで入っているということになりますのでその後におけるけがにおいてどうなっても仕方がないとしているのです。

「警告」の使い方

「警告」はしてはならないことをした場合、結末が悪い結果となっても仕方がないことを示します。

その為、「警告」に従わないとどうなるかを表現する場合にこの言葉を用います。

「注意」と「警告」の違い

「注意」は従わなくとも直ちに危険が身に迫るものではないことを指し、「警告」は従わないと身に危険が及ぶので危険性の度合いが異なります。

「注意」の例文

・『注意点を上げておきますと、ハチが周囲を徘徊しています。』

この例文は、気を付けるべきポイントにハチが周囲を徘徊していることを示しています。

あくまで徘徊しているだけであるため直ちに危険が及ぶわけではないため、例文では『注意点』です。

・『注意すべきは次の第2コーナーだ。』

この例文は次にある曲がり角に気をつけておかないとならないと表記している分です。

注意は理解させることに用いることが可能で、この場合曲がり角に気を付けないとおおよそどうなるかを理解させるために使用します。

「警告」の例文

・『警告するお前は逃亡しようとしている』

この例文は逃亡を許さない人物が対象者に対して逃亡を企んでいることについて命の保証をしてないことを意味します。

「警告」は命に危険が及ぶものに対して注意喚起をすることでこの場合命の保証がないことを示しているのです。

・『警告表示が多すぎる場所だな。』

この例文は、危険を知らせる表示が大変多いエリアであると対象者が認識をしている例文です。

この場合、「警告」は危険を知らせるための目安として機能していると解釈します。

まとめ

「注意」「警告」の違いですが、「注意」はしないとどうなるかを問われた場合、直ちに対象者に危険が及ぶというわけではないです。

一方で「警告」は従わない場合、対象者に危険が及び時と場合によっては命すら失われます。

この「警告」という表現の最上位が「危険」であり、こちらは何を持っても安全ではなく、命すら危ういことを意味します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典