「注意力散漫」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「注意力散漫」とは?

仕事をしている時に、なぜか集中できない事があるかもしれません。

このような時に誰かに「注意力散漫」と言われてしまうかもしれません。

「注意力散漫」「ちゅういりょくさんまん」と読みます。

しかし注意を受けたものの、どのような注意を受けたのか分からない人もいるでしょう。

そこでビジネス上、敵と言われている状態、「注意力散漫」の意味や使い方を紹介して行きます。

「注意力散漫」の意味を知るうちに、自分がどのような状態になっていたのかが分かるかもしれません。

「注意力散漫」の意味

「注意力散漫」「注意力」には、「一つの事柄に、気持ちを集中させる能力」という意味があります。

例えば目の前の仕事に気持ちを集中させる能力を「注意力」と言います。

また「散漫」には、「まとまりがない様子、焦点が定まらない様子」という意味があります。

そのため、「注意力散漫」には、「一つの事柄に集中できず、焦点が定まらない様子」という意味があります。

人に比べて注意力が足りない人や、気持ちがふわふわしている人は、「注意力散漫」状態に陥っているのかもしれません。

「注意力散漫」の言葉の使い方

「注意力散漫」という言葉は、主に誰かに対する注意として使います。

例えばビジネスシーンで「注意力散漫」と注意を受ける人は、目の前の仕事に集中できず、メールチェックをしたり雑談をしたり、誰かに電話を掛けたりして、結局何も仕事を進められない人かもしれません。

また学生時代にも「注意力散漫」という注意を受けた人がいるかもしれません。

授業に集中できずに窓の外の景色を眺めたり、考え事をしてしまう人は「注意力散漫」という注意を受けやすいでしょう。

このような人を見かけた時に、もっと注意力を高めて欲しいと思った時に、「注意力散漫」という言葉を使ってみましょう。

「注意力散漫」を使った例文

「注意力散漫」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「注意力散漫」を使った文章を見て行きましょう。

「注意力散漫」の例文1

「私は『注意力散漫』なので、『ながら仕事』をしてしまう癖があります」

この例文に登場する人のように、自分が「注意力散漫」だという自覚がある人もいます。

また、一つの事に集中するのが苦手な人は、テレビを見ながら家事をしたり、音楽を聴きながら仕事をしたりする「ながら仕事」をする傾向があります。

「ながら仕事」によって気を紛らわさないと、物事を進められないタイプの人ですが、やはり集中力が高い人に比べると、仕事の効率が悪いかもしれません。

「注意力散漫」の例文2

「A君は『注意力散漫』なので、本を最後まで読んだ事が無いらしい」

この例文に登場するA君のように、「注意力散漫」な人は、読書をするのが苦手な傾向にあります。

読書は慣れた人にとっては楽しい作業になりますが、「注意力散漫」な人にとっては敷居が高い作業になります。

活字だけに注目し、イメージを頭に思い浮かべる前に、他の物事に注意を奪われてしまうためです。

もし本を最後まで読んだ事が無い人がいるとしたら、その人は「注意力散漫」な人なのかもしれません。

「注意力散漫」の例文3

「B君のような『注意力散漫』な人は、車の運転に向いていないかもしれない」

車を運転する時は、様々な物事に注意を払う必要があります。

並走する車や対向車線の車の動き、歩行者や自転車の動き、信号機、標識、天気や道のカーブ具合、道路の状態など、様々なものに注意を払わないと、思わぬ事故を起こす事になりかねません。

そのため、この例文に登場するB君のように、「注意力散漫」な人には車の運転をすすめない方がいいかもしれません。

まずは免許を取る前に、集中力を身に付ける訓練を受ける事の方が先かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典