スポンサーリンク

「注文」と「予約」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「注文」と「予約」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「注文」「予約」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「注文」とは?

「注文」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「注文」「ちゅうもん」と読みます。

「注文」には、「種類や数量、価格などを示し、物品の製造や配達、購入などを依頼すること」という意味があります。

例えば、料理を作るのが面倒なとき、宅配ピザを頼むことがあるのではないでしょうか。

ピザのトッピングの種類や数、時間などを指定して配達を依頼する様子を「ピザを注文する」と言います。

次に「注文」には、「人に依頼したり、自分が希望するとき、つける条件」という意味があります。

例えば、小説が映画化されるとき、原作者が映画製作陣に、条件を付けることがあります。

このような場合「作品を映画化するなら、注文があります。

主役を○○さんにしてください」
などと「注文」という言葉を使うことがあります。

「予約」とは?

「予約」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「予約」「よやく」と読みます。

「予約」には、「前もって約束すること。

またその約束」
という意味があります。

例えば、人気が高く、前もって来店することを告げて、承知されていないと入れないレストランがあるかもしれません。

このようなレストランに行く約束をすることを、「レストランの予約を入れる」と言います。

さらに、前もって、使用されることが、約束されている席については、「予約席」となります。

また付き合ったばかりのカップルの場合、先々のデートの予定を前もって約束することがあるかもしれません。

このような時、「デートの予約をしておく」などと言います。

「注文」と「予約」の違い

「注文」「予約」の違いを、分かりやすく解説します。

「注文」には、「種類や数量、価格などを示し、物品の製造や配達、購入などを依頼すること」という意味があります。

一方「予約」には、「前もって約束すること。

またその約束」
という意味があります。

このようにまるで意味が違う言葉となります。

しかし、例えば宅配ピザを頼むときなどに、どちらの言葉も、使用することがあります。

「宅配ピザを注文する」という言葉も、「宅配ピザの予約をする」という言葉を、どちらも不自然ではありません。

このようなときの「予約」は、正確には「注文を、予約する」という意味だと考えることができます。

つまり、「宅配ピザを予約する」「宅配ピザの注文を予約する」が正しいのではないでしょうか。

このように「注文」「予約」が混同されるような場面では、ほとんどの場合、「予約」には「注文」という意味が含まれていて、「注文を予約する」という意味だと考えることができます。

まとめ

「注文」「予約」の違いについて見てきました。

2つの言葉は大きな意味の違いがありますが、混同されやすい場面があります。

意味の違いと、なぜ混同しやすいかを知ることで、使い分けがきちんとできるようになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典