「洗面所」と「洗面台」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「洗面所」と「洗面台」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「洗面所」「洗面台」の違いを分かりやすく説明していきます。

「洗面所」とは?

「洗面所」の意味と概要について紹介します。

「洗面所」の意味

「洗面所」「せんめんじょ」と読みます。

意味は「顔や手を洗う設備がある場所」「便所のこと」になります。

「洗面所」の概要

「洗面所」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「顔や手を洗う設備がある場所」という意味で、通常は洗面台から脱衣所、ランドリースペースまでの含まれます。

日本の住宅事情では、それぞれ独立したスペースを確保することが難しく、これらは「水回り」と言われて一つの場所に作られることが多く、風呂場に面しているのがほとんどです。

2つ目は「便所・トイレ」という意味で、「洗面所に行ってくる」「トイレに行く」という意味で使われます。

「洗面台」とは?

「洗面台」の意味と概要について紹介します。

「洗面台」の意味

「洗面台」「せんめんだい」と読みます。

意味は「蛇口と水栓金具、洗面ボウルに鏡がセットになっている設備のこと」です。

「洗面台」の概要

「洗面台」は洗顔や手洗い、歯磨きをする為に、蛇口と水栓金具の付いた洗面ボウルがあり、鏡に面している設備のことを言います。

「台」が付いていることから、洗顔などをする場所のことを言い、物を置くスペースはほとんどありません。

「洗面所」としてランドリースペースや、脱衣所と一緒に設置されていることが多くなります。

因みに「洗面台」に照明・コンセント、小物置き場などが供えられているものを「洗面化粧台」と言います

「洗面所」と「洗面台」の違い!

「洗面所」「顔や手を洗う設備がある場所」「便所のこと」です。

「洗面台」「蛇口と水栓金具、洗面ボウルに鏡がセットになっている設備のこと」です。

まとめ

今回は「洗面所」「洗面台」の違いをお伝えしました。

「洗面所はスペース、またはトイレ」「洗面台は洗う設備」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典