「活躍」と「貢献」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「活躍」と「貢献」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「活躍」「貢献」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「活躍」とは?

「活躍」の意味と使い方について紹介します。

「活躍」の意味

「活躍」「かつやく」と読みます。

意味は「めざましく行動すること」「勢いよくはね上がること」です。

「活躍」の使い方

「活躍」は、世間に目立つ様な素晴らしい行動をして、成果を出すことを言います。

個人の努力により能力を発揮して、世間に認められた時に使われ、ほめ言葉として使われます。

基本的に個人が自分に見合った分野で能力を発揮することを言いますが、その結果本人が所属している組織や団体が良い評価を得ることもあります。

「活」「いきいきとするさま」という意味、「躍」「おどる」とも読み「勢いよくはねあがる」という意味、「活躍」で、「いきいきと跳ね上がる様に行動する」という意味になります。

「貢献」とは?

「貢献」の意味と使い方について紹介します。

「貢献」の意味

「貢献」「こうけん」と読みます。

意味は「あるものごとに力を注ぎ、世の為人の為に役立つこと」「貢ぎ物を捧げること」です。

「貢献」の使い方

「貢献」は、日常で使う場合には、あるものごとに力を注ぎ、社会や人の為に役立つことという意味です。

その人の行動が、成功する・しないに関わらず、他の人の役に立った時などに使われます。

例えば、スポーツのチームで「マネージャーとして貢献する」という場合、戦力にはならないけれども、練習がスムーズにできる様にチームを支えて、その結果勝利を収められた時に使われます。

「貢」「みつぐ」とも読み、「力をささげる」という意味、「献」「たてまつる」という意味、「貢献」「力をささげてたてまつる」という意味になります。

「活躍」と「貢献」の違い!

「活躍」「本人がめざましく行動して成果を出す」です。

「貢献」「力を注ぎ、社会や人の役に立つこと」です。

まとめ

今回は「活躍」「貢献」の違いをお伝えしました。

「活躍は成果を出す」「貢献は役に立つ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典