スポンサーリンク

「海草」と「海藻」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「海草」と「海藻」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の朝食には欠かせないお味噌汁ですが、そのお味噌汁の具として最もポピュラーなのがワカメでしょう。

このワカメは、海で育つ「海藻」として、昆布や海苔とともに有名です。

ここで気になるのが「海藻」という言葉です。

他に「海草」という言葉もあり、区別ができていないという人も多いでしょう。

そもそも、「海草」「海藻」とはどう言う意味なのでしょうか。

2つの違いは何なのでしょうか。

この記事では、「海草」「海藻」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「海草」とは?

「海草」とは、「海の中に生息する草」と言う意味です。

一般的な言い方では「海中の植物」ということになります。

多くがアマモの仲間で、花を咲かせて種子を海中に放出することによって増えて行きます。

ここまでの説明でお分かりのように、私たちにはあまり馴染みのない生物です。

英語では「seagrass」が最も適切でしょう。

「海藻」とは?

「海藻」とは、「海の中に生息する藻」という意味です。

「海中の藻類」と言っても良いでしょう。

ワカメ、昆布、海苔など、食用になっているものは全て「海藻」です。

種子ではなく、胞子を放出することによって増えて行きます。

英語での表現ですが、藻類を表す英語である「algae」を使用して「sea algae」とも言うこともできますが、この言葉は生物学や分類学でしか使われず、ワカメや昆布などの「海藻」「seaweed」と呼ぶのが普通です。

「海草」と「海藻」の違い

「海草」「海藻」の違いを、分かりやすく解説します。

この2つの言葉は、発音は同じですが、典型的な同音異義語であり、ここまで説明してきたように、全く違うものです。

生物学的な分類上での「藻」とそれ以外の「草」の繁殖方法が全く違うからです。

つまり、胞子で増えるのが「海藻」であり、花と種で増えるのが「海草」です。

属するものとしては、私たちが思いつくものや食用にしているのはほとんどが「海藻」なので、「海草」という言葉はほぼ使う必要がないとも言えるのですが、実際にネットの記事を見ると「海草」という表現の方が圧倒的に多いことがわかります。

つまり、多くの人たちは同音異義語として「海藻」「海草」だと勘違いしているのです。

「海草」の例文

「海草」の例文は以下のようになります。

・『海草は海の中で種子によって繁殖する植物のことです』
・『一般的に海草と呼ばれるのはごく少数の種類だけです』

「海藻」の例文

「海藻」の例文は以下のようになります。

・『ワカメや昆布、海苔などは全て海藻です』
・『海藻は、植物ではないという考え方もありますが、現時点では断定することは、難しいとも言えます』

まとめ

この記事では、「海草」「海藻」の違いを、解説してきました。

お分かりになったように、「海草」「海藻」は生物学的には全く違うものです。

日本の食卓には欠かせない「海藻」ですが、日本や韓国といくつかの国以外ではあまり食べられてはいません。

実際、最初に昆布やワカメを見たら、食べられるものには見えないと言うのも分かる気はしますが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典