「渋滞」と「断続渋滞」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「渋滞」と「断続渋滞」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「渋滞」「断続渋滞」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「渋滞」とは?

「渋滞」の意味と使い方について紹介します。

「渋滞」の意味

「渋滞」「じゅうたい」と読みます。

意味は「高速道路で、あるインターチェンジから、他のインターチェンジまでの間、車が停車していたり、時速40キロ以下の状態がずっと続いていること」です。

「渋滞」の使い方

「渋滞」は、高速道路において、あるインターチェンジから、他のインターチェンジまでの間、車がつながって停車しているか、時速40キロ以下で走行しなければならない状態がずっと続いていることを言います。

「30キロメートルの渋滞」という場合、上記の状態が30キロの間途切れることなく続いていることになります。

高速道路の場合信号がないので、時速40キロでも低速走行になります。

渋滞の原因は、通勤時間帯や連休前で交通量が増えた時に、先頭車がブレーキをかける影響が連鎖して起きる「自然渋滞」や、合流地点で速度を落とす為の「合流渋滞」、事故により車線規制した時の「事故渋滞」などがあります。

「断続渋滞」とは?

「断続渋滞」の意味と使い方について紹介します。

「断続渋滞」の意味

「断続渋滞」は、「高速道路で、幾つかの渋滞が連続して起きている状態のこと」です。

「断続渋滞」の使い方

「断続渋滞」は、高速道路において、短い「渋滞」が幾つも続いている状態のことを言います。

「渋滞」「渋滞」の間ではスムーズに走行できる区間もあります。

「30キロの断続渋滞」の場合、「30キロの渋滞」よりも早く抜けられるのです。

「断続渋滞」は、高速道路の電光掲示板で、「渋滞が続いている事実」をひと目で分かる様に表示する為の用語です。

「渋滞」と「断続渋滞」の違い!

「渋滞」「車が停車していたり、時速40キロ以下の状態がずっと続いていること」です。

「断続渋滞」「幾つかの渋滞が連続して起きている状態のこと」です。

まとめ

今回は「渋滞」「断続渋滞」の違いをお伝えしました。

「渋滞は車がつながっている状態」「断続渋滞はつながった区間が幾つかある状態」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典