「温和」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「温和」

温和とは「おんわ」と読み、おとなしくて優しいことや暖かで穏やかなことを指しています。

例えばおとなしくて人に対して優しい女性のことを「彼女は温和だ」ということもできますし、小春日和の暖かな日に「今日は天気が温和だね」ということもできます。

「温和」の意味

温和という表現には主に3つの意味があります。

まず気候が暖かで激しい変化がないこと、そして性質などが落ち着いていて優しく、穏やかなこと、それから物事が角立たずに人に受け入れられやすいことを指しているのです。

2つ目と3つ目の意味である、性質などが落ち着いて優しいこと、角立たず人に受け入れられやすいことを表す場合は温和という漢字だけではなく、穏和と書くことも可能です。

「温和」の言葉の使い方

温和という言葉は先ほど述べたような意味において使うことができます。

例えば「今日は気候が温和である」という場合は穏和という漢字を使う事はできませんので注意が必要です。

「温和」を使った例文・短文(解釈)

それならば、温和という言葉を使うと一体どのような文章ができるのでしょうか。

ここでは温和という表現を使った例文を紹介します。

「温和」の例文1

「彼は本当に温和な人柄の持ち主で、職場でも上司や部下からとても慕われているんだよ」

落ち着いた性格の持ち主は誰からも好かれるものです。

家庭環境も落ち着いているでしょうし、近所でも良い評判を得ているでしょう。

また、職場においても上司や部下から慕われており、その人を嫌う人などいないのではないか、というような性格を温和といいます。

誰かに注意をしなければいけない時もその人を批判的に責めるのではなく、論理的に何がいけなかったのかということを説明し、また頑張ろうという気持ちにさせることができる人ほど、良い上司だと言えるのです。

「温和」の例文2

「ここの表現は少し手厳しいから、温和な表現に書き換えてもらえると助かります」

最近はブログなどを書いてアフィリエイトの収入を得る人が増えています。

しかし、ブログを書くときにはいろいろな注意が必要です。

まず、断定的な表現は避けた方が良いでしょう。

読者には様々な人がいますから、断定的な表現を変えてしまうことによって恐怖心を与えてしまうことも考えられます。

それによってブログの読者が減ってしまう可能性もあるのです。

だからこそ、ブログで収入を得たいと思うのであれば出来る限り表現を温和にし、角が立たないようにすることも大切です。

「温和」の例文3

「今日は4月の頭なのにも関わらず本当に気候が温和だから、花見客もたくさんいるだろうね」

桜が咲くとお花見に出かけますよね。

しかし4月の頭はまだまだ寒い日が続きますから、お花見は寒いというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

夜遅くまでお花見をし、ビールなどを飲んだことによって風邪をひいてしまったという経験を持つ人もいるかもしれません。

しかし、4月の頭にもしも暖かい日が続けば、お花見も一気に楽しくなるかもしれません。

その一方で、桜が咲いているときにあまり暖かい日が続いてしまうと桜がさっさと散ってしまう可能性が高まりますから、それはそれで残念です。

「温和」の例文4

「最近はモンスターペアレンツなど思いますので、出来る限り温和な対応を心がけてください」

温和という表現は角が立たないという意味でも使われます。

最近では保護者たちの学歴が教職員の学歴を上回るようになり、モンスターペアレンツも存在するようになりました。

教職員の対応によっては保護者たちが怒りの矛先を向けてくるということも十分に考えられます。

そのため、最近の学校は保護者対策にも余念がありません。

うっかり失言をすることがないよう、保護者にはニュートラルな対応を心がけたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典