スポンサーリンク

「港」と「湊」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「港」と「湊」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「港」「湊」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「港」とは?

「港」は船が着岸することで船体を傷つけることなく停泊することを可能とした、施設です。

「港」は船着き場に当たるため、原則としては、船舶が安全に島などにお客を下ろしたりするための施設として機能しています。

「湊」とは?

「湊」は、定義上水上に人や物が集まる場所のことを指します。

つまり、海上に倉庫などの他、有楽施設を有した人工物は「湊」になり人が海上に住めるよう工夫をしたエリアも「湊」です。

つまり、人が住むことを前提にして構築した人工島は島のすべてが「湊」になります。

また、「湊」は水が集まる場所という意味もあり、貿易などで使用される入り口のことを指します。

「港」と「湊」の違い

「港」「湊」の違いは、船の停泊上で終わるか、一つの生活の基盤が海の上にあるかどうかです。

「湊」は、海の上で生活をする場合においては、人工島などを指し、人間や物資が集まる場所を表します。

一方で「港」はというと、「港」は船を安全に着岸させるための施設でしかないため違いは、船を着岸させるためだけの施設であるか、生活という基盤が根付いている場所であるかです。

「港」の例文

・『港に船が着岸する』 この例は、船が、船着き場に付いたという例です。

「港」は、船を安全に着岸させる施設のことを指し、船着き場のことを指します。

この施設がない場合、船は、安全に島に船を着岸させることができず、座礁覚悟で船を島に乗り上げる形で着岸をせねばならないです。

そうした観点から、「港」は、管理者がおりかつ船の安全を最重視して管理された船着き場になります。

「湊」の例文

・『湊は船着き場の意味もある』 この例は、「湊」という字は、船着き場という意味もあり、人々が住む人工島のこと以外を指すという例です。

「湊」には、水が集まる場所という意味があり、これは貿易などで集まる船が停泊する場所のことを指します。

まとめ

「港」「湊」の違いは、船着き場だけを指すか、船着き場や貿易港の他人工島のことを指すかです。

「湊」は単に船着き場で、船を安全に島や街に着眼させることのみを重視した管理人が存在する待合場所です。

ですが、「湊」は、定義が多くあり、船が集まる場所を指したり、水が集まる場所のことを指し、貿易のことを指したりして複雑です。

また、人工島のように人間が集まる場所すべてを「湊」というため島に人が集まって生活をしているのであればその島はすべて人工島ではありますが、「湊」になります。

ただ、メジャーなのは、「湊」よりも「港」でこちらは船が付く場所の他、物資が集まる場所としても知られており、だんだんと、「湊」という言葉は使われなくなっていっています。

その為、本来は、物資が集まる貿易港も「湊」なのですが、今現在では貿易港と言われており、「港」の方がメジャーに知られている言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典