「湯船」と「浴槽」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「湯船」と「浴槽」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「湯船」「浴槽」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「湯船」とは?

「湯船(ゆぶね)」とは、「入浴するために湯を入れて、その中に人も入れるようにしている大きな箱・桶(おけ)・槽(そう)」のことを意味している言葉です。

「湯船」の表現には、「江戸時代に船内に浴槽(風呂)を設置して、お客・船乗りに有料で入浴させていた商業利用の船」という歴史的な意味合いもあります。

「浴槽」とは?

「浴槽(よくそう)」とは、「入浴のために湯を入れて人も入れるようにしている箱・桶・槽」「入浴のための湯を沸かせるようにした箱・桶・槽」のことを意味している言葉です。

「浴槽」は、「バスタブ・湯船・風呂桶」などという別名で呼ばれることもあります。

「浴槽」には「和風・洋風・和洋折衷のタイプ」があり、「埋込式・据置式・半埋込式」の設置方法の分類があります。

現代の「浴槽」に使われている材質には、「ホーロー・ステンレス・人工大理石・FRP(繊維強化プラスチック)・木製」などがあります。

「湯船」と「浴槽」の違い!

「湯船」「浴槽」の違いを、分かりやすく解説します。

「湯船」「浴槽」はどちらも「入浴のためのお湯を入れる大きな箱・桶・槽」のことを意味している言葉で、「湯船」「浴槽」は基本的に同義語になります。

しかし、「湯船」には「入浴のためにお湯を入れて人も入るようにした大きな箱・桶」以外にも、歴史的に存在していた別のものを指し示しているという「浴槽」との違いがあります。

「湯船」の語源的な意味として、「浴槽」にはない「江戸時代にあった、有料でお客が風呂に入れるように浴槽を船内に設置した船」を指し示しているという違いを指摘することができます。

まとめ

「湯船」「浴槽」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「湯船」とは「入浴のために湯を入れて、その中に人も入れるようにしている大きな箱・桶・槽」「江戸時代に船内に浴槽を設置して、お客に有料で入浴させていた船」を意味していて、「浴槽」「入浴のために湯を入れる(湯を沸かすための)箱・桶・槽」を意味している違いがあります。

「湯船」「浴槽」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典