「準ずる」と「準じる」の違いとは?「準用する」の違いも分かりやすく解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「準ずる」とは?

「準ずる」の意味は以下の3つです。

「以前からある基準や標準にのっとること」の意味

最初に一つの基準や標準があり、とあるものごとがそれにのっとり進められていくことを言います。

先に同じ様な前例があり、今回のことについても同じと見なして扱われるのです。

例えば学校で「学校行事の日の服装は記念式典の時の服装に準じる」となっていれば、制服でなければならず、ネクタイやスカーフなども着用義務がるということです。

但し固い言葉であり、日常会話ではなくビジネス文書や公的なスピーチ、更には法律文書などで使われることがほとんどです。

「他にある基準や標準に従って扱われること」の意味

そのものごとについて、他にある基準や標準に従って扱うことを言います。

上記の「以前にあった基準や標準にのっとること」の意味とよく似ていますが、こちらは「全く同じではなく、同じ様な基準として扱われる」という点が違います。

例えば「制服に準じた服装」と言う場合、制服ではなくそれと同じ様なデザインや色ということになります。

「正式なものと同じ扱いをすること」の意味

社内ルールが多様化してきて例外や判断に困るケースが出てきた時に、正規のものと同じ扱いをすることを言います。

例えば最近では企業では様々な雇用形態の人達が働いています。

「アルバイト・パート」だけではなく「派遣社員・契約社員・期間雇用社員」など契約時に細かく分かれます。

正社員ではないのですが、中には正社員と同じ責任のある仕事を任されたり、残業や出張などがある従業員もいます。

その様な非正規の雇用に対して「正社員に準ずる」として、正社員と同じ扱いにする時などに使われます。

こちらも規則や法律で使われる言葉です。

「準じる」とは?

「準じる」の意味には「以前からある基準や標準にのっとること」「他にある基準や標準に従って扱われること」「正式なものと同じ扱いをすること」の3つの意味がありますが、全て「準ずる」と同じ意味となります。

つまり、「準じる」の意味は「準ずる」の意味に「準じる」と言うことになるのです。

「準ずる」と「準じる」の違い・意味は同じ?

上記で紹介した通り、「準ずる」「準じる」は同じ意味で使われます。

これは、最初は「準ずる」だったのが江戸時代に段々と変化して「準じる」になったからです。

同じ様な言葉に「生じる・生ずる」「応じる・応ずる」などがありますが、どちらを使っても間違いではありません。

但し、元々は「準ずる」ですので、文章にしたり固いスピーチをする時にはこちらを使うのがおすすめです。

「準じる」と「準ずる」の活用の仕方の違い

「準じる」は動詞の上一段活用で、「準じない・準じます・準じる・準じるとき・準じれば・準じろ」です。

「準ずる」は動詞のサ行変格活用で、「準じない・準じます・準ずる・準ずるとき・準ずれば・準じろ」です。

上記から分かる様に、「未然形・連用形・命令形」は同じになります。

つまり、活用だけではどちらか分からないこともあるのです。

「準じる」と「準ずる」の英語

「準じる」「準ずる」の英語訳は同じになります。

“This issue should be conformed to the internal rules.”

「このケースは社内ルールに準じるべきだ」になります。

“conform to”「準じる」の英訳ですが、実際にはシーンベ手酢に様々な表現があります。

「準じる」と「準用する」の違い

「準じる」「とある規則にのっとり扱うこと」です。

「準用する」「とある規則を元に改定を加えて新しく機能させること」です。

「その基準が今後も運用されるのかどうか」という違いがあります。

「準じる」の言い換えや類語

「準じる」の類語は「倣う(ならう)」になります。

意味は「あるものごとを手本にして同じ様にすすめていくこと」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典