スポンサーリンク

「滑走路」と「着陸帯」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「滑走路」と「着陸帯」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「滑走路」「着陸帯」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「滑走路」とは?

「滑走路」とは、かっそうろという読み方をすべき言葉です。

文字で表記されているものを見れば分かりますが、飛行機が離着陸の時に地上を走るとかすべる様に進む事の意味を持つ滑走の字に、通り道とか道筋といった意味がある路の字を加える事で成立した言葉となっています。

そのため「滑走路」は、飛行機が離着陸の時の滑走に用いる飛行場内にある直線の舗装路を意味するのです。

「滑走路」の使い方

「滑走路」は、飛行場に存在しているのでこの言葉が使用される際には、基本的に飛行機や空港に絡む話題の時になります。

もっとも「滑走路」は飛行場の設備の中では、一般的な知名度は比較的高いです。

なので特に空港や飛行機に詳しくない人でもこの言葉を知っており、空港に行けば「滑走路」という言葉を用いて会話したりする事は珍しくありません。

「着陸帯」とは?

「着陸帯」とは、ちゃくりくたいという読み方をすべき言葉となっています。

漢字で表記された文字を見れば明確ですが、飛行機が降下して地上に降りるという意味がある着陸に、ある範囲の地域やおび状の範囲といった意味を持つ帯の文字を加える事で誕生した言葉です。

だからこそ着陸帯は、飛行機の離着陸時の安全を確保するために「滑走路」の両端に設けられた飛行場内の地域を表します。

「着陸帯」の使い方

「着陸帯」は、飛行場や空港にある区域の事ですが一般的に余り馴染みのある言葉ではありません。

そのため日常会話の中で、この「着陸帯」という言葉が登場する事はほぼないと言えます。

使われるとすれば、航空業界にいる人同士の会話とか空港や飛行機に関するマニアが、飛行場内の設備や地域を説明する際に登場するかもしれない程度です。

「滑走路」と「着陸帯」の違い

「滑走路」「着陸帯」は見比べれば分かる様に、使われている文字も読み方も全然違っている言葉同士だったりします。

ですがどちらも飛行場内にあって離着陸に関連する設備や区域であるため、違いがいまいち分からないという人もいたりするのです。

もっとも「滑走路」は、名前の通り飛行機が離着陸時に滑走するために設けられている直線の路の事を表す言葉となっています。

一方の「着陸帯」は、飛行機が安全に離着陸するために「滑走路」の両端や両横に設けられた地域を表す言葉です。

「滑走路」の例文

・『空港で滑走路から飛行機が飛び立つ度に、息子は興奮して大喜びした』

・『私が搭乗した飛行機は、滑走路からスムーズに大空に飛び立った』

「着陸帯」の例文

・『着陸帯は航空機の安全な離着陸を実現するために、滑走路の両端に設けられています』

まとめ

2つの言葉は使用されている文字も、読み方も全然違っている言葉同士となっています。

ただしどちらも飛行場内にあって飛行機の離着陸に関連しているので、混同してしまう人もいたりするのです。

とはいえ「滑走路」は、飛行機が離着陸の際に滑走する直線の舗装路の事を表しています。

対する「着陸帯」は、安全な離着陸を実現すべく「滑走路」を中心にしてその両端に設けられた飛行場内の地域を示す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典