スポンサーリンク

「滞在」と「宿泊」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「滞在」と「宿泊」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「滞在」「宿泊」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「滞在」とは?

「滞在」とは、自宅から離れた場所にいき、そこでしばらくの間過ごすことです。

なぜ自宅から離れた場所で過ごすのかは意味に含まれておらず、保養のためや仕事のためなど、さまざまな理由があります。

作家が仕事に行き詰ったとき、ホテルなどに長くとどまることがあるようです。

一定期間ホテルの中でずっと過ごし、仕事を進めます。

これは、仕事が目的で「滞在」していることになります。

日帰り旅行は別として、旅行をしたらその場所にしばらくとどまり、食事や観光地巡りなどを楽しむことでしょう。

これは、楽しみのために「滞在」をしていることになります。

また、どこにとどまるのかという意味は含まれておらず、ホテル、旅館、友人宅、親戚宅など、自宅以外の場所のことをいいます。

どれくらいの期間とどまるのかは、意味に含まれていませんが、そこで一生過ごすことではありません。

生活の拠点とする場所とは別の場所でしばらくの間過ごす、という意味を持つ言葉です。

「滞在」の使い方

自宅とは別の場所にしばらくの間とどまることを指して使用します。

他の場所にとどまる理由は、保養のため、仕事のため、家出のためなど、さまざまです。

どのような理由であっても使用することができます。

1時間程度その場所にとどまることにも使用されます。

「宿泊」とは?

「宿泊」とは、生活の拠点とする場所とは別の場所で夜を過ごすことです。

家から追い出されて野宿することではなく、一般的には建物の中で夜を過ごすことをいいます。

また、仕事を徹夜でやらなければならず、会社で夜を過ごすことでもありません。

「宿泊」は寝起きする意味が含まれていますが、徹夜で仕事をして気がついたら朝になってしまうのは、寝て起きてをしていません。

「宿泊」が意味する泊まる場所とは、ホテル、旅館、友人宅、親戚宅などです。

また、この言葉自体には何日間泊まるのかは意味に含まれていません。

「宿泊」の使い方

生活の拠点とする場所以外の場所に泊まるという意味で使用をします。

この言葉には、どこに泊まるのか意味に含まれていませんが、ホテルや旅館などに泊まることを指して使用されることが多いです。

「滞在」と「宿泊」の違い

自宅以外の場所で過ごす意味を持つ2つの言葉ですが、やや意味合いが違います。

「滞在」はとどまることに焦点を当てています。

一方「宿泊」は寝泊りすることに焦点を当てています。

「滞在」の例文

・『滞在期間を延長する』

・『オーストラリアに滞在する』

・『滞在時間は3時間までです』

・『しばらくの間滞在する』

「宿泊」の例文

・『宿泊する場所を探す』

・『3日間宿泊していた』

・『宿泊料を支払う』

・『旅行でホテルに宿泊』

まとめ

自宅以外の場所で過ごす意味を持つ2つの言葉ですが、とどまる、寝泊まりするという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典