スポンサーリンク

「演劇」と「劇」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「演劇」と「劇」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

舞台にまつわる言葉は、色々とあります。

この記事では、「演劇」「劇」の違いを分かりやすく説明していきます。

気になっていた疑問を、ひとつずつ解消していきましょう。

スポンサーリンク

「演劇」とは?

演劇(えんげき)とは、舞台の演出のこと。

お芝居や宝塚の公演、ミュージカルをまとめて「演劇」といいます。

憧れの女優さんや俳優さんを近くで観られる、最高のエンターテイメントです。

演劇は「劇を演じる」と書きます。

一般的な演劇には、シナリオを書く脚本家、作風を決める演出家、ライトを担当する照明さんがいます。

また主役を務める女優さん、わき役をかざる俳優さんもいます。

多くのプロによって成り立っているのが「演劇」です。

観客の人に感動を伝えるもの、伝えられるように見せ場をつくるのが「演劇」の醍醐味です。

演劇は舞台で演じられるもの全般を指すので、その種類は色々とあります。

狂言や歌舞伎など日本の伝統芸能もあれば、歌のお姉さんが登場するファミリーミュージカルも存在します。

年齢問わず楽しめるのが演劇の魅力です。

「劇」とは?

劇(げき)とは、台本にしたがって主人公が歌ったり演じたりするもの。

幼稚園の人形劇やテレビのドラマ、学芸会の出し物も「劇」に当てはまります。

「劇」の元祖ともいえるのが、古代ローマ時代のお芝居です。

もともとは神様にささげる式典が、時代の移り変わりとともに「見せるためのもの」に変化していきました。

劇という漢字には、目まぐるしく動く・変化するという訳もあります。

小さな枠やスクリーンの中で、メリハリのある演技を見られるのが「劇」の良さです。

一方で劇には「事件」というニュアンスもあります。

またドラマチックな出来事を「劇的」といいます。

「スーパースターが劇的なシュートを決めた」などが、その一例です。

「演劇」と「劇」の違い

どちらも「劇」が付いているので、迷いやすいです。

「演劇」「劇」の違いを、分かりやすく解説します。

・劇の中に「演劇」がある
「演劇」「劇」はどちらも、お芝居という意味があります。

観客に見てもらうための舞台をあらわします。

演劇はミュージカルや歌舞伎など、幅広い演目でつかわれます。

演じ手はプロなので「お金を払って見るもの」です。

それに対する劇は、保育園や幼稚園の出し物もふくまれます。

先生や子どもたちが舞台に上がることも多く、演じ手がプロではないこともあります。

そのため、お金を払わなくても見られる場合も含まれています。

プロもアマチュアも、すべてまとめたものが「劇」

プロが演じるエンターテイメントが「演劇」です。

まとめ

「演劇」「劇」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも台本のあらすじに従って、キャストの手で演じられたもの。

演劇は女優さんや俳優さんが、舞台で演じるアミューズメントのこと。

劇は保育園や学園祭の出し物をふくむ、広い意味の演芸です。

中身は違えども、どちらも「観客の心を揺さぶる」なくてはならない演目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典