スポンサーリンク

「演説」と「スピーチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「演説」と「スピーチ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「演説」「スピーチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「演説」とは?

「演説」は大勢の前で自分の主義や主張をすることで、かつ賛同を得ることを中心に行う行為です。

例えば、「応援演説」は国家の運営を担う党派の主義や主張をして党派が正当であることに賛同してもらうために行います。

「演説」は、賛同を得てもらえるかどうかはあまり関係はなくあくまで得られればそれでよしとするのです。

「演説」の使い方

「演説」は賛同者を得るために使用する行為で、使い方は賛同を得るために使用します。

自分の主義や主張をすることで民衆から賛同を得ればそれでよしとし、得られなかった場合も良しとするのが「演説」で目的は賛同者獲得や利権の獲得です。

「スピーチ」とは?

「スピーチ」は自分の考えなど主義主張をすることです。

ただし、あくまで主張するだけで別に賛同を得る行為ではない点です。

つまり、「スピーチ」は賛同を得ることで何か自分が得をする行為以外で公衆の面前でお話をすることを意味します。

「スピーチ」の使い方

「スピーチ」は公衆の面前で話をすることです。

その為、「スピーチ」を行うのは公衆の面前で自分の考えや主義主張するために行います。

あくまで主張するだけですので賛同を得る必要もなく、賛同を得ても自己は得をしません。

「演説」と「スピーチ」の違い

「演説」「スピーチ」の違いですが、一見すると同じ公衆の面前でお話をすることですが、「演説」側は主張者が得をしたりするという違いがあります。

「スピーチ」はあくまでお話をするだけですので別に主張者が得をする必要性はないです。

ですが「演説」は主張するものが得をして何かを得られないと意味をなさないとされます。

「演説」の例文

・『公衆の面前で演説をする議員』
この例は公衆の前で自己の意見を述べることで何か成果を得ようとしているという意味です。

成果を得ようとしているのは議員でおそらく選挙ににより自分の派閥が有利になるようにしたいと思われます。

・『大したことない演説だ』
これは、自己主張している人物の主張が大したことがないという酷評です。

つまり賛同を得ようと自己主張した者が大したことない主張をしてしまい、賛同を得られなかったと推測します。

「スピーチ」の例文

・『ただいまより環境問題に関するスピーチを行います』
この例は、環境問題に対する主張を行うという例です。

この例の場合「スピーチ」とすることで参加者は自己主張するがあくまで考えを述べるだけで別に賛同者を求めておらず、一緒になって考えようと促しているだけです。

・『へたくそなスピーチだ』
この例は、主義主張自体が的を得ていないかお話自体が破綻しているかあまりにも不出来であるという例です。

つまり何の賛同も得ることができないどころか、主義主張した人物は無能であると証明したとも取れる例になります。

まとめ

「演説」「スピーチ」の違いですが、違いは、「演説」は意見を述べるものが得をしないとならず、「スピーチ」は別に得をする必要性がないという違いがあります。

ですので、お金が絡んだり、勢力が拡大する可能性があるものは「演説」「スピーチ」はお金や利権に関係なく一緒になって考えていきたい場合、「スピーチ」とすることが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典