スポンサーリンク

「漫然作業」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「漫然作業」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「漫然作業」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「漫然作業」とは?意味

「漫然作業」は注意が散漫状態にあるうえで作業を決行することです。

その上で、注意が散漫状態にあるが故、ミスが多く単に作業をしているだけである状況下に値するのが、「漫然作業」に当たります。

もしくは、まじめに取り組む必要性がないお仕事において、適当に仕事をしている風を装うことも「漫然作業」です。

つまりは、まったく作業に集中していないのですが、お仕事などで作業をしていないとみなされるとペナルティを受けてしまうと判断した場合、形だけでもお仕事をしている状況を作り出すことも「漫然作業」に当たります。

「漫然作業」の概要

「漫然作業」という言葉は、元々、「漫然」というぼんやりしていて目的を持たずにいるという意味から注意が散漫な中作業をすることや、目的があるわけではないがお仕事をしている様子を作り出さないとお給料がもらえなくなるということもあり、形だけお仕事をすることを意味する「漫然作業」という言葉に次第に形を変えました。

その為、現在においては、「漫然作業」はまじめに取り組む意味はないお仕事であるが、お仕事をしないと報酬を貰うことができないが故、適当に働いていることを意味することもあるのです。

「漫然作業」の言葉の使い方や使われ方

「漫然作業」という言葉は作業している本人が使用することはないです。

何故なら、適当に作業していると述べているわけですから、そうしたことを言う人物に対して周囲はどう思うかという問題になります。

その為、この言葉は、作業をしている様子を見ている側が、適当に作業している物やまじめに取り組んで作業をしていない者に対して使用する言葉です。

「漫然作業」を使った例文

・『君の製造した商品を見ると漫然作業を行っているようにしか見えない』
この例は、君と言われている人物が作り出す商品の品質が著しく悪く、恐らく心ここにあらずという感じで作業にいそしみ、まったく本来あるべきはずの商品とかけ離れたものを作っていると述べた例です。

いわゆるさぼりと取れる行動を君と言われている人物は取っていると述べています。

まとめ

「漫然作業」という言葉は、あまり聞いた言葉ではありませんが、つまりは心がここにあらずに作業をしている状態でミスが多いことや本来のものと異なる作業をしていることです。

つまり、まったくお仕事に集中してないとも言え、単純作業による労働ほど起こりやすい問題が「漫然作業」になります。

何故なら、単純作業は、作業自体が単純であるが故またいつもと同じだろうと思い込み、実は異なる仕様変更があってもそれに気が付かず、作業工程を確認せずに作業をしてしまいがちです。

この確認不足やいつもと作業は同じであろうと感じてしまい、確認を怠ることも「漫然作業」に当たり、つまりは、形だけの作業をしているが故、商品が変化してもそれに対応することすら注意欠如により無対応になっているわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典