スポンサーリンク

「濡れツヤ肌メイク」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「濡れツヤ肌メイク」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「濡れツヤ肌メイク」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「濡れツヤ肌メイク」の意味

濡れているようなツヤと透明感のある肌に見せるための化粧。

「濡れツヤ肌メイク」の解説

「濡れツヤ肌メイク」とは、濡れたときのようなツヤやみずみずしさ、透明感のある肌に見せるための化粧を意味します。

雨が降った後の濡れている植物の葉には、ツヤやみずみずしさがあります。

このようなツヤ感やみずみずしさをメイクで作りだします。

下地でくすみをカバーする、保湿力のある下地を使う、パウダーは使わないことが、濡れツヤ肌を作るためのポイントです。

メイクをするときには、ブラシやチップを使うことが一般的ですが、濡れツヤ肌を作るためには、指塗りが適しています。

ブラシなどを使うと濃くメイクがついてしまいますが、指塗りなら自然と肌になじみ、ツヤが生まれます。

「濡れツヤ肌メイク」の使われ方

「濡れツヤ肌メイクのコツ」といったように、雑誌やウェブなどで紹介されることがあります。

主にメイクに関心がある女性の間で使われる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典