「無礼」と「失礼」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無礼」と「失礼」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無礼」「失礼」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無礼」とは?

「無礼」の意味と使い方について紹介します。

「無礼」の意味

「無礼」「ぶれい」と読みます。

意味は「礼儀に外れたふるまいのこと」です。

「無礼」の使い方

「無礼」は、礼儀に外れているふるまいや様子のことを言います。

「礼が無い」と書く様に、礼儀がないことですが、「失礼」よりも程度が低く、礼儀を知らないかの様に非常識なふるまいをすることを表します。

ただ本人が恥をかくだけではなく、相手に対して不快な思いをさせたり、怒らせたりする様な言動に使われます。

「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」は、「言葉や態度などが丁寧過ぎて、わざとらしく、返って相手を見下している様に見えること」という意味です。

「失礼」とは?

「失礼」の意味と使い方について紹介します。

「失礼」の意味

「失礼」「しつれい」と読みます。

意味は「他人に接する時に節度をわきまえないこと」「相手の元を立ち去る時の丁寧な言い方」「人に対して話かける時の挨拶の言葉」になります。

「失礼」の使い方

「失礼」の意味は、以下の3つになります。

1つ目は「節度をわきまえないこと」という意味で、本来礼儀を知っているはずの人が、相手を敬わない言動をする時に使われます。

2つ目は「相手の元を離れること」という意味で、「そろそろ失礼いたします」など、「帰ります」の代わりに使われます。

3つ目は「人に対して話しかける時の挨拶の言葉」で、「失礼ですが」と、質問したり「ちょっと失礼」と言って他の動作をする時の断りの意味で使います。

いずれも共通しているのは「相手に対して礼儀を欠くこと」という意味です。

「無礼」と「失礼」の違い!

「無礼」「礼儀を知らずに外れていること」です。

「失礼」「礼儀を知っているはずなのに欠けていること」です。

まとめ

今回は「無礼」「失礼」の違いをお伝えしました。

「無礼は礼儀を知らない」「失礼は礼儀に欠ける」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典