スポンサーリンク

「無給休暇」と「欠勤」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無給休暇」と「欠勤」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無給休暇」「欠勤」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「無給休暇」とは?

法律で定められていて、給料を貰いながら休むことができる有給休暇と違い、給料が支払われない休暇のことを「無給休暇」と言います。

「無給休暇」は法律で定められてはいません。

企業ごとに設定されているもので、給料は支払われませんが評価等には影響されない休暇です。

「欠勤」とは?

出勤しなくてはいけない日に会社を休むことを「欠勤」と言います。

労働者の都合で休むことになるので給料は発生しません。

体調不良や家庭の都合などのやむを得ない休暇の場合でも、必ず事前に連絡をしなくてはいけません。

「欠勤」が続いてしまうと会社からの評価に影響してしまう事もあるので気を付ける必要があります。

「無給休暇」と「欠勤」の違い

「無給休暇」とは企業ごとに定められている休暇の事を言い、「欠勤」とは出勤しなければいけない日に休暇をとる事を言います。

どちらも給料が発生しない休暇の事を言いますが、意味が違います。

まとめ

「無給休暇」「欠勤」も給料が発生しない休暇の事を言うので同じものであると勘違いしやすいですが、意味が違います。

会社からの評価や信頼に関わってくる事なのでしっかり意味を理解する必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典