スポンサーリンク

「無能」と「低能」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無能」と「低能」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「無能」「低能」と聞くとどちらも似たような意味に聞こえる人もいるかと思います。

ですが、両者の意味はかなり違いがあります。

今回はその点を説明します。

スポンサーリンク

「無能」とは?

「無能」というのは何もできない人や能力がない人を意味する言葉です。

何かを人にやらそうと思った時に思っていたよりも何もできない人等に使われます。

ポイントになるのは「無能」だからといって特に知能が低いとは限らないというのがあります。

意外と知能は高い人でも「無能」に当てはまる事があります。

なので、知能が高いと思っていたので「無能」ではないと思われていたという事もよくあることです。

「低能」とは?

「低能」というのは人よりも知能が低い場合に差す言葉になります。

これは明らかにその人の言動から正常に考える力がないように思われた時に使われる言葉です。

「低能」と呼ばれる人は実際に会う事もなく「低能」と呼ばれる事が多々あります。

それは実際に会わないでもその人の発言等をSNS等で見て知能が低いと思われた時に使われたりするからです。

「無能」と「低能」の違い

「無能」「低能」の違いは無能はその人の能力がないことを指す言葉に対して、「低能」はその人の知能が低い事を指す言葉になります。

「無能」「低能」も同じ能という言葉が使われていますが、「無能」は能力を指していて「低能」は知能を指すという違いがあります。

まとめ

「無能」「低能」も同じような意味で使われる言葉ですがその内容はかなり違いがあります。

どちらも期待できない人間に対して使いますが その中身は大きな違いがあります。

「無能」は能力がない人を指して「低能」は知能が低いtと思われる発言が散見される人を指す言葉になっていてかなりその意味に違いがあります。

そして、「低能」という言葉の方が「無能」よりも使われやすいという特徴もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典