スポンサーリンク

「無辺際」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無辺際」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無辺際」の意味を分かりやすく説明していきます。

知らない言葉を、正しく理解していきましょう。

スポンサーリンク

「無辺際」とは?意味

無辺際(むへんざい)とは、果てしないこと。

どこまでも続く宇宙のように、広がりがあるものを指します。

ワイドに広がっているもの、どこまでも限りのないものが「無辺際」です。

「無辺際」という言葉には「無辺」「際」という2つの用語がドッキングしています。

無辺とは、想像を超えるくらい、きりがないものを表現します。

そして「際」には「ほど」という程度をあらわす用語です。

そのため広くて大きいもの、伸びやかで限りのないものを「無辺際」と呼んでいます。

とても優雅で、ダイナミックな表現になります。

「無辺際」の概要

「無辺際」というフレーズは、明治時代の文豪・菊池寛さんの小説に出てくる言葉です。

『俊寛』という短編小説の中には「無辺際に広がっている海を~見直さずにはいられなかった」という文章があります。

将軍を倒そうとして失敗。

あえなく島流しの刑になった、主人公の切なさを示したものになります。

虚しさや苦しみなど、人生における悩みは大小様々あります。

ただ大きな自然を目の前にすると、美しく洗い流されることもあります。

「無辺際」は限りなく広がっている海や空に使われる言葉ですが、同時に「人生もどこまでも広がっていくこと」を述べた、ささやかな希望も残した言葉です。

「無辺際」の言葉の使い方や使われ方

「無辺際」はこのように使っています。

・『無辺際の才能をうかがわせる、秀逸なデザイン画だった』 ・『リフレッシュしに、無辺際に広がる日本海を眺めに行った』 ・『子どもたちの前には、無辺際の夢が広がっている』 「無辺際」は限りなく、広がっているものに使います。

そのためある人の才能や、海や山などの大自然に対して使います。

限界のないもの、区切りがないもの、終わりがないものが「無辺際」です。

「無辺際」の類語や言いかえ

「無辺際」の類語には、次のような言葉もあります。

・野放図
・無尽蔵
・縹渺たる
・永永無窮
野放図(のほうず)とは無辺際と同じように、限りなく広がっているという訳です。

ただ野放図には「無頓着で鈍感な人」という意味もあるので、人物につかう場合は注意しておきましょう。

無尽蔵(むじんぞう)も尽きることがないという、意味があります。

また小説によく登場するのが、縹渺たる(ひょうびょうたる)という言い回しです。

エンドレスで終わりの見えない事柄に使います。

また永永無窮(えいえいむきゅう)で、永遠に朽ち果てることのないもの。

永遠に続いていくことです。

まとめ

「無辺際」の意味と使い方をおさらいしました。

「無辺際」とは、どこまでいっても終わりがないこと。

広々としている状態に使います。

果てしなく広がっていて、心が洗われるような風景にも用いられます。

ゆたかな言葉を知って、深い教養を身に付けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典