スポンサーリンク

「照らし合わせる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「照らし合わせる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、照らし合わせるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

照らし合わせるとは?意味

照らし合わせるとは、2つの書類の内容を比べあわせて、確かめるという意味があります。

照らし合わせることで間違っているところをチェックする、照合してみるという意味合いがあります。

照らし合わせるの概要

より確かな情報を得られるよう両方を比べるとき照らし合わせて確認することは大事なことです。

内容を比較すればおのずと間違いを見つけられますし、どこが重要点なのかも見えてきます。

また、参考となる本と照らし合わせてみたり、原文と訳文を照らし合わせるなど正しい文章が書かれている見本と自分の書いた文章を照らし合わせて文字の間違いや文法の間違いを見つけるときにも当てはまる言葉です。

基準と照らし合わせれば複数のデータも全て同じ基準にでき、複数の人へ均等にデータを共有することもできます。

シミュレーションの結果をまた違う視点から観測結果と照らし合わせることで様々な情報を得られますので、その後の研究に活かせるようになるのです。

照らし合わせるの言葉の使い方や使われ方

比較するものを参考にして、どこが違うか見比べてみるときに照らし合わせると使います。

1つだけではどこがどう間違っているのか分からないとき、参考になる手本書類や参考書があればそれを見ながら間違いを訂正し、正しい文章にするときに使われています。

自分のその書いた言葉は本当にあっているのか不安なとき、確信が持てない場合に確信となるものをチェックするのはとても大事なことです。

家計簿をつけるときも自分の曖昧な情報だけではなく、実際に買ったときに受け取るレシートをチェックして内容を照らし合わせた方がより確実に買ったものの商品名と値段を調べたいときに使える言葉でもあります。

照らし合わせるを使った例文(使用例)

・同じ規模で建てられた会場の設計図とこれから建てる会場の見取り図を照らし合わせる。

初めて会場の設計するにあたり、すでに建っている同じ規模の会場の設計図を参考にして設計すれば的確に設計できます。

・自分の書いた文章と教師の書いた参考文と照らし合わせてみた。

自分の書いた文章をより正しい文章として提出するために、課題を出した教師が書いた参考文と照らし合わせて比較し、より正しい文章に仕上げるときに使います。

・毎月の家計簿を間違いがないようにレシートと照らし合わせながら帳簿に付けていく。

毎月の家計簿を的確に付けるため、実際に買った商品のレシートを1つ1つ調べて帳簿に記載することで、より確実に毎月の食費代を調べてし、記録しておきたいと思う気持ちを表しています。

まとめ

間違ったことがないか正したいときにもう1つのものを参考にして、書類を作成するときに使うこの照らし合わせるは、より的確に誤りを正し、いい文章に仕上げたいときに使えます。

ビジネスシーンでもプライベートでも使える言葉であり、主に文章を書くときに使える言葉になります。

仕上げたものに不安があれば、参考となるものと照らし合わせてチェックしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典