スポンサーリンク

「煽りラン」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)な

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「煽りラン」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「煽りラン」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「煽りラン」とは?意味

「煽りラン」は、煽りながら走行することを指し、煽り運転のことを意味する言葉です。

もしくは煽りに走ることから、「煽りラン」と呼び、他人を怒らせる行為である煽る側の人間であることを指す言葉の意味もあります。

何故、他人を必要以上に煽る必要性があるかについては、分かっておらず、一種の異常性が高い人間のことを「煽りラン」と呼び煽りに走る関わりたくない人間とするのです。

「煽りラン」の概要

「煽りラン」で使用されている言葉の「煽り」ですが、元々はTwitterなどで2012年ごろ使用され始めた言葉になり、急速に普及し、意味自体が認識され始めたのはつい最近になります。

この「煽りラン」という言葉もつい最近生み出された言葉で意味は2つ存在し、一つは煽り運転そのものを指すこともあれば、煽りに走るもの自体を指すこともあり意味はいずれも煽りに走るものでいずれもよい意味ではありません。

肝心の何故、必要以上に他人を馬鹿にしたり、必要以上に車の運転などで相手を急かすようなことをするのかについては全く解明されておらず、なおかつ、これらの行為は病気であるとしてはいるが、病気であると仮定しても野放しの状態であるが故、煽る側の人間の方が明らかに有利な状態にあることが今現在進行形で問題とされています。

その為、煽る側に回った方が得であるという危険思考を持つ者が現れるのはペナルティと言えるペナルティが弱いが故なのですが現在煽り運転によるペナルティが増加していますのでいずれ根絶されるべき一つの現象であるとされているのです。

「煽りラン」の言葉の使い方や使われ方

「煽りラン」は他人をあおるものに対して使用する言葉で、煽っている者という意味で使用されます。

その為、自動車の煽り運転を行う物はこの言葉に当たり、それ以外でも他人を馬鹿にして怒らせる行為を行う物に対して使用する言葉です。

「煽りラン」の類語や言いかえ

「煽りラン」の類語や言いかえですが、相手を怒らせることに特化した人物であるという言いかえや類語であれば、「煽りスト」という言いかえや類語があり、煽ることに特化した人物であるとします。

まとめ

「煽りラン」は、他人を馬鹿にして怒らせることや煽り運転に走るものなどを意味し、病気であるとされていますが、根本的な解決はなく、むしろ煽る側に回った方が得なのではないかとすら考えるものも多くなりました。

ですが、現在では、他者を煽ることに対する罰則が強化されており、事故を引き起こす原因を作った場合、煽り行為をした者には厳しい罰則が科せられます。

これらは、社会問題の一つに、他人を急かす行為により事故が起きた場合、加害者側である人物の罰則が弱く、場合によっては人殺しであるにもかかわらず、刑法上罰則を重くできない問題から規制強化に入ったが故、もはや「煽りラン」のように他者を煽り必要以上に急かす行為は重度の犯罪です。

無論、もう一つの意味である馬鹿にする行為も同様に他者をわざと怒らせる行為は犯罪であると言えますので慎むべき行為です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典