スポンサーリンク

「熱心な営業」と「しつこい営業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「熱心な営業」と「しつこい営業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「熱心な営業」「しつこい営業」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いや使い方を、是非ともご自分で把握して適切な場面でのベストな使い方ができるようにお手伝い致します。

スポンサーリンク

「熱心な営業」とは?

最初に「熱心な営業」についてご説明致します。

「熱心な営業」とは、基本的に自分の成績や売り上げの事は二の次として、お客様に本当にプラスになるかどうかを考慮した営業の事を指しているのです。

もちろんですが、営業で提案する内容がお客様のニーズと求めているプランになっているか、そして継続していただけそうか等を考慮しているのが「熱心な営業」でしょう。

無論、お客様があまり乗り気ではない時の、引き際等も弁えていることによりひょんな時に、売り上げに繋がる場合もあります。

基本的に「熱心な営業」とはお客様に寄り添い、尊重する営業の事です。

特に営業を仕事にされている方は、是非とも参考にしていただけると幸いです。

「しつこい営業」とは?

次は「しつこい営業」について解説していきます。

「しつこい営業」とは、基本的に売り上げ第一であり、お客様の事情やニーズ等を殆ど考慮していない営業と言えるでしょう。

また引き際も知っておらず、空気も読めないような営業する方の事を指しているはずです。

また、お客さんが断った際に態度を豹変させたり、動揺を誘うようなことを言うような営業する人は、二流、三流の営業しかできません。

イコール「しつこい営業」と認識されてしまい、お客様を失ったり、リピートはない営業を指しているのです。

「熱心な営業」と「しつこい営業」の違い

ここでは「熱心な営業」「しつこい営業」の違いを解説します。

上で説明した通りの意味を照らし合わせることで違いは自ずと分かることでしょう。

基本的に「熱心な営業」とは、お客様のプラスになる営業です。

例えばですが、資料を添付してみるとか、サンプルを入れてみる等です。

そして、ニーズ等を考慮し、きちんとコミュニケーションを取れる方が「熱心な営業」をする方でしょう。

しかしながら、「しつこい営業」と思われてしまう方は、引き際も知らない、提案する内容も杜撰、サンプルや資料等の提示もない。

また、会うたびに小出し、小出しに内容をちらつかせるのも「しつこい営業」と思われます。

参考になれば幸いです。

「熱心な営業」を使った例文

・『熱心な営業のおかげか、売り上げはナンバー1だ』
・『あの人は、熱心な営業するからリピーターが多い』
・『熱心な営業によって契約が非常に多く取れたようだ』
・『熱心な営業というのはお客様に寄り添う事だと支店長に教えられた』
・『熱心な営業する人は重宝される』

「しつこい営業」を使った例文

・『しつこい営業されたのでハッキリと断った』
・『あまりにもしつこい営業でビックリした』
・『しつこい営業は非常に不愉快だ』
・『しつこい営業はどうしてもわかってしまう』
・『しつこい営業するとお客様は離れてしまう』

「まとめ」

まとめとして、「熱心な営業」というのはお客様に寄り添い、お客様にプラスになる商品やプラン、サンプル等を提供する事です。

「しつこい営業」というのは真逆であり、売り上げ第一でコミュニケーションもろくに取らずに、サンプル等も杜撰という営業になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典