「物分りの悪い部下」と「早合点ばかりする部下」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「物分りの悪い部下」と「早合点ばかりする部下」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「物分りの悪い部下」「早合点ばかりする部下」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「物分りの悪い部下」とは?

「物分りの悪い部下」の意味と使い方について紹介します。

「物分りの悪い部下」の意味

「物分りの悪い部下」とは、「仕事を何度教えても理解しない、指示通りに出来ない部下のこと」です。

「物分りの悪い部下」の使い方

「物分りの悪い部下」は、仕事を何度教えても理解できずに、同じことを質問してきたり、指示通りに作業ができない部下のことを言います。

基本的にものごとを理解するまで時間がかかる、又はその職務に対して適性がないことを表します。

採用されるまでには面接や筆記試験などの選考を受けている筈ですので、時間をかけて少しずつ確実に理解していくまで見守るか、違う職務を与えるという対処法があります。

「早合点ばかりする部下」とは?

「早合点ばかりする部下」の意味と使い方について紹介します。

「早合点ばかりする部下」の意味

「早合点ばかりする部下」は、「仕事の指示をよく聞かない、または仕事の意味をよく理解せずに、自分の判断や考えで進めてしまう部下のこと」です。

「早合点ばかりする部下」の使い方

「早合点ばかりする部下」は、仕事の指示を出してもよく聞かない、メールなどをよく読まない、または自分のしている仕事がどの様な意味を持っているのかを理解せずに、その場の自分の判断や考えで進めてしまい、成果を出せない部下のことを言います。

「早合点」するのは第一に性格的なものの他に、自信過剰である、周囲と自分の仕事の関係を理解していない等の原因があります。

「物分りの悪い部下」と「早合点ばかりする部下」の違い!

「物分りの悪い部下」「仕事を何度教えても理解しない、指示通りに出来ない部下のこと」です。

「早合点ばかりする部下」「仕事の指示をよく聞かない、または仕事の意味をよく理解せずに、自分の判断や考えで進めてしまう部下のこと」です。

まとめ

今回は「物分りの悪い部下」「早合点ばかりする部下」の違いをお伝えしました。

「物分りの悪い部下は理解度が低い又は遅い」「早合点ばかりする部下はせっかちで自信過剰」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典