スポンサーリンク

「物寂しい」と「寂しい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「物寂しい」と「寂しい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「物寂しい」「寂しい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「物寂しい」とは?

「物寂しい」とは、明確な理由がないのになんとなく寂しく感じることを指します。

「物寂しい」「物」「なんとなく」という意味です。

「もの寂しい」「物」をひらがなで表記する場合もあります。

また、「うら寂しい」とも言うことがあります。

「寂しい」とは?

「寂しい」とは、心細かったり、満たされないことを物足りなく思う気持ちのことです。

人や生き物の気配がなく、しんみりと静かな雰囲気のことを指す場合もあります。

「物寂しい」と「寂しい」の違い

「物寂しい」「寂しい」の違いを、分かりやすく解説します。

「物寂しい」「物」は、「なんとなく」という意味です。

理由がないのになんとなく心細さや満たされなさを感じる場合、「寂しい」を使わずに「物寂しい」を使います。

ひと気のない雰囲気になんとなく哀愁を感じる場合も「物寂しい」という言葉を使うことがあります。

逆に、明確な理由があり、はっきりと言葉で表せる寂しさを感じる場合、「物寂しい」ではなく「寂しい」を用います。

まとめ

理由が思い当たらず、なんとなく寂しい印象を受けるときは「物寂しい」を使います。

はっきりと理由があって心細い気持ちになるときは「寂しい」を使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典