「物覚えが悪い」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「物覚えが悪い」とは?

あなたは誰かに「物覚えが悪い」と言われたことがあるでしょうか。

あるいは誰かに対して「物覚えが悪い」と言った事があるかもしれません。

「物覚えが悪い」「ものおぼえがわるい」と読み、誰かの欠点に対して使う事が多い、ネガティブな言葉になっています。

ビジネスシーンで「物覚えが悪い」と言われたり、学校で「物覚えが悪い」と言われてしまう人は、まずはその事を自覚するために、この言葉の意味を知りましょう。

そこで、「物覚えが悪い」の意味や使い方を紹介します。

「物覚えが悪い」の意味

「物覚えが悪い」「物覚え」には、「物事を覚える事」という意味があります。

そのため、「物覚えが悪い」という言葉には、「物事を覚えられない」あるいは「物事を覚える能力が低い」という意味があります。

仕事によっては、扱う商品の名前を覚えたり、人の名前と顔を一致させたりする能力が必要になりますので、「物覚えが悪い」と言われる事は、かなり致命的な事かもしれません。

もし、あなたが「物覚えが悪い」と言われている場合は、なぜ物事を覚えられないのか、理由を突き止めて改善策を講じる事をおすすめします。

このように「物覚えが悪い」という言葉には、「物事を覚える能力が低い」という意味があります。

「物覚えが悪い」の言葉の使い方

「物覚えが悪い」という言葉を使う時は、自らの記憶力が低い事を自己申告する場合に使う事が多いでしょう。

例えば、昔から何かを暗記するのが苦手だった人は、「私は物覚えが悪い」と先に言っておくと安心かもしれません。

また若い頃は、記憶力が抜群だったのに、年齢を重ねるごとに記憶力が低下し、「物覚えが悪い」と感じるようになった人もいるでしょう。

このような場合は、同年代の人が集まった時などに、「最近、物覚えが悪くなった」という「あるある話」として話す事ができます。

「物覚えが悪い」を使った例文

「物覚えが悪い」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「物覚えが悪い」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「物覚えが悪い」の例文1

「A君は『物覚えが悪い』という自覚があるのに、メモを取らないのが問題だ」

この例文のように「物覚えが悪い」という自覚があるのに、メモを取らない人がいます。

何かを言われるたびに、メモを取る癖をつけている人は、そうそうやるべき事を忘れたりしません。

また、初めて覚える仕事に直面した時、例えばバイトの初日などにメモを取るようにすると、記憶しなくても仕事の手順を知る事ができます。

この例文に登場するA君のような人は、すぐにメモを用意して常に携帯する事をおすすめします。

「物覚えが悪い」の例文2

「Bさんのミスが多いのは『物覚えが悪い』せいかもしれない」

この例文のBさんのように、真面目に仕事に取り組んでいるのに、なぜかミスを連発する人がいます。

このような人は一般的な人よりも「物覚えが悪い」ため、仕事の手順や基本的なルールを覚えられないのかもしれません。

Bさんの様な人と一緒に仕事をする時は、周囲の人が気を使う必要があるかもしれません。

理解力が速い人や記憶力がある人に仕事について説明する時よりも、丁寧にゆっくりと説明する必要があるかもしれません。

「物覚えが悪い」の例文3

「『物覚えが悪い』という自覚がある人は、口に出して覚えてみましょう」

「物覚えが悪い」という自覚がある人は、何かしらの方法で仕事に支障が出ないように改善して行く必要があるかもしれません。

メモを常に携帯してメモを取るようにするのも、一つの方法です。

また、覚えるべき作業内容や、固有名詞などを口に出してみるのも一つの方法です。

口に出して声にすると、目で見るだけでなく、音として記憶に残ります。

一つの方向から記憶するよりも、記憶しやすくなるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典