スポンサーリンク

「特例」と「例外」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「特例」と「例外」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「特例」「例外」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「特例」とは?

「特例」は、特別に設けた例で一度限りその例を認めるという物です。

なお、「特例」は、「例外」という前例に無い物が起こりそれを一度限り認めることにあり何回もその例を認める場合は、「特例」は成立せず、単に例を認めたとなります。

つまり、「特例」は特別枠で前例にない物を許可して認めるということです。

なお、「特例」で決められたものはのちに延々と機能しますが、「特例」で決めたものを再度練り直して「特例」とすることは許されずその場合、法改正を必要とします。

「例外」とは?

「例外」は、前例から外れたもので企画などから外れたりです。

その為、「例外」はエラーのことを指したり、一般の例に当てはまらないことを指します。

「特例」と「例外」の違い

「特例」「例外」の違いは前例に無い物を認めて許すか、許さないかという違いです。

「特例」は、「例外」という例から外れたものを一度だけ許す行為になり、「例外」は許容できない問題として処理します。

その為、違いは前例にない物を一度のみ許容するかしないかです。

「特例」の例文

・『特例で当病院を野戦病院として機能する案が発表されている』

この例は、特別に今回限り、当病院を野戦病院として機能させ患者を見るという案件が国会などで発表されていることを述べています。

「特例」は、条約や法律などを一度のみ解釈し許可をして許すことに当たり、この例の場合、野戦病院とすることを許すのです。

・『特例で緊急事態においてタクシーにて負傷者を運ぶことを許可する』

この例は、特例を発しタクシーで負傷者を運ぶことを特別に認めたという例です。

「特例」は特別に一度だけ発令することができ発令してからはずっと法令が機能しますが、「特例」をさらに改良して「特例」にはできません。

「例外」の例文

・『プログラムに例外が発生した』

この例は、プログラムに通常とは異なる処理が発生したという例です。

「例外」は通常や一般例と異なる問題が生じたことで、許されない行為として処理されますのでこの場合、エラーという形で処理されます。

・『例外は認められない』

この例は一般とかけ離れた例は認めないとした例です。

「例外」とあるように例から外れることを許さないとしたものです。

まとめ

「特例」「例外」の違いは一度限り例を認めてそれを許可するかどうかで許可されてから一般の例に組み込むかどうかになります。

「例外」はそもそも許可を与えずエラーや問題として処理しますので一般事例に組み込まれることはありません。

その為、「例外」とは、認められない問題を指し、「特例」「例外」ではあるが一般的な考え方に置き換えることができるのではないかという物を特別に許し、一般の例に置き換えることを一度だけ許すのです。

これを何回も、許した場合、「特例」「特別な例」から除外され、法改正が必要なただの一般事例になります。

つまりは、法改正を何回でも繰り返そうとするだけこの「特例」と言われている例は良い例で、「例外」のように初めから拒否されることが前提ではないということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典