スポンサーリンク

「独立独歩」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「独立独歩」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

巷にあふれる四字熟語の中には、正確な意味が分からないものもあります。

この記事では、「独立独歩」の意味を分かりやすく説明していきます。

正しい中身を知って、知識の底上げをしていきましょう。

スポンサーリンク

「独立独歩」とは?意味

独立独歩(どくりつどっぽ)とは、周りの人に甘えずに、自分の力だけで進んでいくこと。

信念を変えずに、力強く前に進んでいくことです。

座右の銘として挙げられることも多い、野心的なフレーズです。

「独立独歩」「独立」そして「独歩」という、パワフルな熟語が組み合わさっています。

「独立」は誰にも束縛されないこと。

そして「独歩」は、1人で歩いていくことです。

それぞれの語句を合わせた「独立独歩」は誰の援助も受けずに、1人で進んでいくという意味になります。

私たちは何かがあると、つい他人を頼ったり甘えたりしがちです。

けれども時には自分の頭で考え、判断をくだしていくことも必要になります。

「独立独歩」とは正しく自立していくこと。

夢を叶えるために、自分の意思で前に進んでいくことです。

「独立独歩」の概要

「独立独歩」は人気アスリートの座右の銘として、よく取り上げられます。

この場合の「独立独歩」には群れないこと、自分の信念は曲げないことという、強いメッセージが込められています。

「独立独歩」には「独り」という漢字が2回も使われているので「自分勝手に生きること」と勘違いされてしまうこともあります。

けれども本来の「独立独歩」とは、他人と比べずに自分の長所をのばしていくこと。

ブレずに最後まで、自分の力を出し切ることです。

心細くなって優柔不断になりそうなときに、初心を奪い立たせてくれる言葉が「独立独歩」です。

「独立独歩」の言葉の使い方や使われ方

「独立独歩」の使い方をチェックしていきましょう。

・彼は独学で英語を学び、イギリスに渡った。独立独歩な生き方をしている。

・独立独歩に憧れて、会社を早期にリタイアした。

・独立独歩を座右の銘にかかげて、毎日を懸命に生きています。

「独立独歩」は我が道をすすむという意味があります。

そのためマイペースな生き方をしている人、組織や枠にとらわれない生き方をしている人に用います。

ポジティブな言葉なので、座右の銘にしている人も多いです。

「独立独歩」の類語や言いかえ

「独立独歩」と同じような用語には、次の言葉もあります。

・初志貫徹
・自主独往
・不撓不屈
初志貫徹(しょしかんてつ)とは、最初に決めたことを最後まで守り抜くこと。

自主独往(じしゅどくおう)とは、自分の思いをつらぬき通すことです。

そして不撓不屈(ふとうふくつ)は苦しい壁があっても、自分の力で乗り越えること。

いずれもパワーあふれる、強い名言です。

まとめ

「独立独歩」の意味や使い方を学んできました。

「独立独歩」とは他人に甘えず、自分の力だけで生きること。

たくましく前進することを表します。

弱音を吐きたいとき、限界を感じたときに、大きな力を与えてくれる素晴らしい言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典